FC2ブログ
20181117EWMC1014.JPG


11月17日は滋賀県は長浜市の「川崎や」さんでEastwestさんとの恒例のジョイントライヴ、「Eastwest meets Cocodrilo Vol.6」で演奏させて頂きました。


20181117EWMC1001.JPG


寒い中ご来場下さいました皆様、どうもありがとうございました。

そしてお誘い下さいましたEastwestさん、オペレートその他色々ご担当下さいました清水さん並びにスタッフの皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。

20181117EWMC1002.JPG
(恒例SAでのショット。)


11月も半ばを過ぎ、赤や山吹色に染まる山に秋を感じつつ、非常に心地良く長浜までドライヴ出来ました。


20181117EWMC1003.JPG
(ものすごく大きな部屋でびっくり。キラキラもびっくり。)


長浜に入り、少し時間があったので、リハをかねてカラオケボックスに立ち寄ったのですが、楽器が繋げて空いている部屋がたまたまとても大きなパーティルームで・・・ミラーボールがキラキラ光ってました。

そして川崎やさんに到着。

BALさんおススメの「キャラメルパパ」というパスタ屋さんへ皆で腹ごしらえにGo。


20181117EWMC1005.JPG


店内にFairground Attractionの1stのジャケットが飾られていて少し嬉しくなりました。

私は”ポテトとエリンギの青じそ風味“を頂きましたが、優しい味を予想していたのですが、いい感じに期待を裏切る結構ピリリとスパイシーなお味でした、美味しかったです。


20181117EWMC1006.JPG
(楽しそうにギター談義に花を咲かせるナイスミドル。)


そして川崎やさんに戻りリハを行いましたが、毎回恒例となっているギター陣4名(PAをオペレートして下さる清水さんはギタリストです)の互いの所有ギターについて語らうギター談義にひとしきり花が咲き・・・。


そして本番・・・まずは先攻のEastwestさん。


20181117EWMC1013.JPG


20181117EWMC1009.JPG


前回同様、BALさんとだいさんのユニットで、ジャズ、フォーク、ポップス、オリジナルと色んなジャンルのナンバーを演奏されていました。


20181117EWMC1008.JPG

ギター2本のスタイルはやはり好きです。


そして後攻のCocodrilo。


20181117EWMC1019.JPG


20181117EWMC1010.JPG


20181117EWMC1011.JPG


今回もご来場下さった皆様とあたたかくて非常に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

20181117EWMC1020.jpg


今回のセットリストは以下の通りです。


20181117EWMC1012.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
When I was your man (Bruno Mars)
Seven impossible days (Mr. BIG)
Thank you baby (GODIEGO)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Don't look back in anger (OASIS)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


終演後はご来場下さった皆様とお話が出来て楽しかったです。

BALさんさんから少し早いクリスマスプレゼントを頂きました。


20181117EWMC1000.JPG
(本番はBALさんとタケシくんの胸元で佇んでいました。)


テキスタイルプリントデザイナーで刺し子作家のKenji Takakuraさんのブローチ、実はBALさんの弟さんです。

聖夜、そしてヒイラギ。

いづれもこれからのシーズンにぴったりでとてもかわいい!

BALさんありがとうございます!!


20181117EWMC1015.JPG
(長浜名物サラダパン”カメラを止めるな!”Ver.。)


そして長浜の名物といえば「つるやパン」の“サラダパン”ですが、監督さんが長浜の出身ということで、「カメラを止めるな!」とのコラボパッケージを頂きました。

コッペパンにマヨネーズを合えたたくあんがサンドされています。


20181117EWMC1017.JPG
(L→R サラダパン、まるい食パン)


そして“まるい食パン”を頂きました。

まず佇まいが可愛らしい。

そして自然な甘みが感じられて、ホットミルクと共に頂くと最高でした。

HPを拝見したところ、なんともいい感じの具のサンドがたくさん。

近かったら色々試してみたいなぁ・・・

Balさん、どうもありがとうございました!!


また来年、この場所で演奏させて頂き、ご来場下さった方々と再会出来る事を楽しみにしています。

皆様本当にありがとうございました。


さて、今年は残すところあと1幕です。

2018年の〆は奈良のtuBUさんでのワンマンです。

12月8日の土曜日、今回で5回目となります。

tuBUさん特製のスイーツプレートを幕間にお楽しみいただく、2幕構成となっております。


詳細は追ってUP致します!!

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

Jackeyでした!!



20181117EWMC1018.JPG
(Eastwest meets Cocodrilo Vol.6 無事終了!!ありがとうございました!!)

20181103kidsfesitami1001.jpg


10月から3週連続でお座敷が続きましたが、3週目、11月3日は伊丹で「キッズフェスいたみ2018」が開催され、Cocodriloはオトラクミュージシャンとして演奏させて頂きました。


20181103kidsfesitami1002.JPG
(オトラクのフラッグが!)


お誘い下さいました事務局の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました!


20181103kidsfesitami1000.JPG
(事務局ならびに関係者の皆様、大変お世話になりました!!)



またご来場下さいました皆様、耳を傾けてくださいましてありがとうございました。

9年前に「ならこども映画祭 ならこども文化祭」という親子を対象としたイベントに参加させて頂いたことはあった(とてもほのぼので楽しかったです)が、ちびっこオンリーのイベントというのは初めてでした。


20181103kidsfesitami1009.JPG
(ちびっこイベントを意識して、やっさんはドラえもんバッヂとリトルグリーンメンのTシャツ、私はクマ柄ワンピで参加。)



今回の会場である伊丹スポーツセンターを訪れたのも初めてで、野球場、テニスコート、体育館、室内プール、陸上競技場等々・・本当に色々な種類のスポーツが楽しめる大きな施設でした。

そして今回はちびっこが色々なものを習い事として接する際、まずはどんなものがあるのか、どんなものがちびっこにフィットしているのかを体験できるというイベントで、この取り組み、すごい!と思いました。

ちなみに施設内の8カ所でどんなスポーツや習い事が体験できたかというと・・・

〇野球
〇ラグビー
〇サッカー
〇かけっこ
〇バドミントン
〇バスケットボール
〇器械体操
〇卓球
〇柔道
〇なぎなた
〇バレエ
〇水泳
〇テニス
〇ダンス
〇プログラミング

合計15種目!!

凄くないですか??

色々な会場で、ちっちゃなちびっこ達が色々な種目を体験していて、その姿がなんとも微笑ましくて・・・

たーって一所懸命走っていたり、ラケットを振ったり、かわいくバレエのポーズを取ったり。

本当にむちゃくちゃかわいかったです。



20181103kidsfesitami1005.JPG



そんな中、我々はクラブハウス前のイベントステージで演奏させて頂きました。

当日はお天気が少し心配だったのですが、全くの杞憂でした。

実際、我々が演奏した時間帯・・・もう真夏のような日差しで、いくら日焼け止めを塗ったとはいえ、演奏後数時間、顔(というか頬)がひりひりと熱を持つくらいの、太陽が燦々と降り注ぐ中での演奏でした。


20181103kidsfesitami1003.JPG


一緒に演奏を楽しんでもらおうと色々な鳴り物を持参したところ、多くのちびっこが興味を持って一緒に楽しんでくれました。


20181103kidsfesitami1006.JPG


色々な鳴り物を持って、色々な反応を示すちびっこがとにかく可愛らしくて可愛らしくて・・・・


演奏をお聴き下さいました皆様、本当にありがとうございました。

当日のセットリストは以下の通りです。



20181103kidsfesitami1004.JPG


Isn't she lovely (Stevie Wonder)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Perfect (Fairground Attraction)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)



20181103kidsfesitami1007.JPG


我々の後は「マジシャンそうた」さんでした。

多くのちびっ子たちが興味深くそうたさんのマジックを見つめていました。


いつも「伊丹オトラクな1日」でお世話になるエリア班のなりさんやツキサケの元気くんが遊びに来て下さっていました。

その「伊丹オトラクな1日」の、雨天時の対応ということで、「オトラクテント」を作られ、初登板がこの「キッズフェスいたみ2018」だったということでパチリ。


20181103kidsfesitami1008.JPG


非常に大きなテントで、これはものすごくありがたい!!


ということで、無事終了いたしました。

「キッズフェスいたみ2018」の事務局ならびに関係者の皆様、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。



3連荘は無事終了。

そして次のお座敷は滋賀県長浜でつとめさせていただきます。

11月17日(土)は、恒例のEastwestさんとのジョイントライヴ、“Eastwest meets Cocodrilo Vol.6”です。

会場は毎回お世話になっています古民家を改造した「川崎や」さんです。

当日はオーナーの清水さんが焙煎された美味しい珈琲も呑み放題です。

☆Eastwest meets Cocodrilo Vol.6☆
平成30年11月17日(土)
開場:18:30
開演:19:00
於:川崎や
滋賀県長浜市大宮町8-8
料金:¥1000(自家焙煎珈琲付)

どうぞよろしくお願いいたします!!


そして今年の最後は奈良で締めくくりとなります。

今回で5回目となります、奈良の「Cafe+Zakka+Gallery tuBU」さんでの恒例ワンマンライヴです。

tuBUさんの美味しいスイーツプレートとCocodirloの2幕お座敷がセットになったイベントです。

12月ということもあり、季節的なナンバーも織り交ぜつつ、楽しいひとときを過ごして頂けるよう頑張りたいと思います。

予約制ですので、お問い合わせはtuBUさんにメールもしくはお電話をお願いいたします。

☆tuBU Cafe live Vol.5☆
https://ja-jp.facebook.com/CafezakkagalleryTubu/
https://oneahalf.exblog.jp/
平成30年12月8日(土)
開場:15:30
開演:16:00 (2セットあり)
於:cafe+zakka+gallery tuBU
奈良県奈良市西城戸町28-3
料金:¥2000(スイーツプレート+1ドリンク付)
予約制です(ご予約は以下のtuBUさんにメールあるいかお電話まで)
tubucafe@quartz.ocn.ne.jp
電話:0742-93-3783 (定休日:月・火)


今年はあと2幕。

皆様の笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

Jackeyでした!


20181027kurajazz1001.JPG

   
10月27日は京都伏見で開催されました「第9回蔵ジャズフェスティバル」で演奏させて頂きました。

ご来場下さいました皆様、どうもありがとうございました。

今回お誘い下さいました蔵ジャズフェスティバルの事務局の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。


20181027kurajazz1002.JPG
(「北川本家」さんでは”清酒富翁 秋の日本酒まつり”が開催されていました。)


また、演奏会場の北川本家の皆様、蔵開きというタイミングでの演奏の機会、とても貴重でした、どうもありがとうございました。

当日は非常に心地よいお天気、というよりは昼間は夏に近いくらいの日差しが降り注ぎました。


20181027kurajazz1004.JPG


そして来場者の皆様のあたたかい雰囲気の中、楽しく演奏させて頂きました。

蔵開きで沢山の方が北川本家のお酒を楽しまれていたこともあり、演奏を聴いて下さっている方々の笑顔といいますか、そのまなざしが何とも言えない柔らかく穏やかで最高でした!!

演奏後も色々な方が声をかけて下さってとても嬉しかったです。


20181027kurajazz1005.JPG


そして演奏後に北川本家のIさんが話しかけて下さり、我々と不思議なご縁があることを教えて下さり本当にびっくりしました。

以前にYoutubeでFairground Attractionの“Perfect”をカバーするミュージシャンの動画を色々ご覧になっていた際にCocodriloの映像を発見、とても興味を持って下さっていたそうで、今回の蔵ジャズフェスティバルで北川本家さんのお酒を販売されていたところ、あれ、何だか聴いたことがある音・・

ステージを覗いてみたら、Youtubeで見た我々が演奏している!

・・・ということで、ご縁が繋がりました。

とても嬉しかったです、Iさんありがとうございました!
そして皆様、どうもありがとうございました!!

当日のセットリストは以下の通りです。


20181027kurajazz1003.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You've got a friend (Carole King)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
When I was your man (Bruno Mars)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20181027kurajazz1006.JPG
(演奏後に頂きました。北川本家さんの日本酒、とても美味しくて一緒におととが食べたくなりました。)



演奏後は北川本家のトリ、「こはる+井上丹+大野由規謙」さんのステージを楽しみました。


20181027kurajazz10007.JPG


オシャレなムードとこはるさんの非常にキュートなパフォーマンスそして歌声に、ココメンを含む多くの方が魅了されていました。


20181027kurajazz1008.JPG
(最後にみんなでパチリ。お疲れ様でした!!)


演奏後に少しお話が出来たのですが、とても素敵な方々でした。


その後、やっさんのお誕生日祝いをすべく、過去の蔵ジャズの際にお邪魔した町家カフェの「モクレン」さんを訪問するとあいにく満席でしたので、商店街のレトロな喫茶店にお邪魔し、お祝いしました。


20181027kurajazz1009.JPG
(ケーキにするかと思えばわらび餅をチョイスのやっさん。)


やっさん、お誕生日おめでとう~!!

どうかやっさんにとって素敵な1年でありますように。


20181027kurajazz1011.JPG
(「ササキパン」さんのラインアップ。パッケージがポップです。)


前回、売り切れで悔しかった「ササキパン」さんで色々ゲットしてみました。

小・中学生の頃に通った駅前のパン屋さんと同じ雰囲気のラインナップ。

美味しく頂きました。


20181027kurajazz1012.JPG


そして「伏水酒造小路」でのセッケンラブ、今回はトリオではなくスミフジオのソロで、ふじをちゃんのショートしそうなくらいのボルテージマックス級の演奏を楽しみました。

普段トリオで聴いている曲と同じラインナップなのに、ソロで演奏すると全く違う曲に聴こえました。


20181027kurajazz1015.JPG


その後4人で「伏水酒造小路」で打ちあがりました。


20181027kurajazz1013.JPG


いわゆる屋台村のような構造で、細く入り組んだ道がどこまでも続き、色々なお店が入っています。

前回の蔵ジャズでは、入り口部分しかしらず、そこで終わりだと思っていたのに、こんなにずっと奥まで続いたこと(しかも店が多い!)を3回目にして初めて知りました。


20181027kurajazz10014.JPG
(清酒をバーカウンターで頂けるスペース。16種利き酒もありました。)


折角なので「伏見四種呑み比べ(英勲、澤屋まつもと、富翁、招徳濁り)」を頂きました。

あっさりからじっくりまで、という感じで美味しく頂きました。

そういえば“ピスタチオのフリッター”を初めて頂いたのですが、これが最高に美味かった。

“ピスタチオ=スイーツの部屋の人”と思っていたので、目からうろこでした。


ということ、蔵ジャズフェスティバル、無事終了です。

皆様、本当にありがとうございました!

また機会がございましたら、是非お邪魔してみたいと思います。

Jackeyでした!


20181027kurajazz10016.JPG
(楽しかったです、ありがとうございました!!)


20181020otoraku7000.jpg
(「伊丹オトラクな1日」の打ち上げ。お疲れ様でした!!!)


打ち上げは既に始まっていました。

皆さん思い思いの語らい、呑みで1日のあれこれを思い返していました。

まかない班の皆様のまかないをありがたく頂き、ひとしきり佇んだ後、二次会へGo。


20181020otoraku7001.JPG


恒例となったツキサケの面々とココメンの「ほこ」さんでの打ち上げです。


20181020otoraku7002.JPG
(〆は鯛茶!!)


〆は鯛茶漬にサムライロック。

オトラクでの色々なことを振り返りつつ・・・

今日も無事に演奏出来て良かったな・・・

沢山の人にお会いできて、色々な言葉や笑顔を頂けて幸せだったな・・・

今回も本当に幸せでした。

そんな気持ちを深く心の中で咀嚼しつつ、酒の深みを喉で楽しみつつ、今回のオトラクは無事終了致しました。

お昼間から通算4~5回のライヴ、そして機材を抱えて会場から会場への移動、スケジュール的には結構盛り沢山なのですが、疲労感らしきものは不思議とその場ではあまり感じられず、むしろ楽しさで満たされているので、軽いランナーズハイのような感覚になっているのではないかと思います。

演奏している人間として、この「伊丹オトラクな1日」に参加させて頂くことで得ることが本当に多く、過去の経験で色々な事を学ぶことが出来ました。

個人的には、元々人見知りな性分で、どちらかといえばフロント向きではない人間なのですが、聴いて下さる方々との距離が非常に近く、反応を肌で感じることが出来るということ、そして事務局や関係者の皆様との「創り上げる」という気持ちがじかに伝わってくるので、そのぬくもりを感じることが出来るということが、非常にいい影響を与えて下さっていることを、回を重ねるごとに蓄積されていくことを強く感じます。

「伊丹オトラクな1日」に参加することで、自分自身がかなり変わったと思います。

これについては感謝しかありません。

皆様、本当にありがとうございました。

願わくば、また次の「伊丹オトラクな1日」でお会いできることを楽しみにしています。

Jackeyでした!!



20181020otoraku7003.JPG
(皆様ありがとうございました!!)




20181020otoraku6000.JPG
(最後の演奏会場は『ルフラン」さんでした。皆様ありがとうございました!)


そして今回最後となる19:00~20:00 の枠の演奏会場は伊丹シティホテルにある「伊丹シティホテルロビーラウンジ ルフラン」でした。

かなり初期のオトラクの時に一度演奏させて頂いたことがあり、その頃はまだ四人編成でカホンもいました。

思い出してちょっと懐かしくなりました。

久しぶりに演奏でお邪魔してみると、この日他の会場で演奏に耳を傾けて下さっていた方々が何組かいらして下さって、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!

ホテルの中ですので、気持ち若干抑えめに演奏させて頂きました。

でも演奏後に伺うともっと上げ気味でもよかったとのことで、毎回勉強になります、次へと繋げたいと思います。

お客様の中にTomoさんがいらっしゃって(ちゃもちゃんはお留守番)演奏後はココメン、ゆうこす、そしてTomoさんと軽く打ち上がりました。


20181020otoraku6002.JPG


きめ細やかな泡立ちのギネス、大好物でありますが、終演後に頂くギネスは格別でした。

Tomoさん色々とお気遣い下さり本当にありがとうございました!

ということで、ご来場下さいました皆様、演奏後に声をかけて下さった皆様、そして「伊丹シティホテルロビーラウンジ ルフラン」の皆様、どうもありがとうございました!

「伊丹シティホテルロビーラウンジ ルフラン」さんでのセットリストは以下の通りです。


20181020otoraku6001.jpg


You've got a friend (Carole King)
Eternal flame (The Bangles)
But not for me ( George Gershwin and Ira Gershwin)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)


無事五幕を終え、演奏直後のギネスに包まれ、非常に気分がアガッっている人(私)。

Tomoさんとお別れし、いざオトラクの打ち上げ会場へ。


⑥へとつづく・・・・


20181020otoraku5001.JPG
(「イツモノトコロ」さんでティーブレイクとゲリラライヴを。)


そしてここらへんでティーブレイクと四幕目を。

ココメンの中では暗黙の了解となっている「イツモノトコロ」さん。

何が暗黙の了解かというと、ゲリラです。

演奏していて非常に心地が良いのでタイミングが合えば思わずゲリラを組んでしまうのです。

かなりの打率でゲリラでお邪魔するか、もしくはティーブレイクでお邪魔しています。

とても居心地の良い可愛らしいカフェ、「イツモノトコロ」さん。

ココメン、いつもこのバルメニューを楽しみにしています。

バルメニューもそうなのですが、お店の方々の気さくで陽気な雰囲気がとても好きです。

今回もお邪魔したのがたまたまお客さんがいなくなった頃合いだったので、いつもの感謝の気持ちということで、お店の方々に演奏を聴いて頂きました。

最後の方でお客さんが入ってこられたので一曲追加で演奏させて頂きました。

「イツモノトコロ」さん、そしてお聴き下さった皆様、本当にありがとうございました!

四幕目(ゲリラ)「イツモノトコロ」さんでのセットリストは以下の通りです。

You'vegot a friend (Carole King)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
When I was your man (Bruno Mars)
Top of the world (The Carpenters)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)


⑤へとつづく・・・・


20181020otoraku3002.jpg
(東商店街の「肉ばっかやん」さんにて。)


二幕目、16:00~17:00の枠は 「伊丹 肉酒場 肉ばっかやん~肉 bacca やん~」 さんの軒先での演奏でした。

商店街を行き交う人、入店待ちのお客様の前で演奏させて頂きました。


20181020otoraku3001.jpg


「伊丹まちなかバル」を楽しむ方々が立ち止まって演奏を聴いて下さったり、演奏会場へ向かう途中のオトラクミュージシャンが手を振ってくれたり、演奏を聴いて下さったり、とても嬉しかったです。


20181020otoraku3003.JPG
(演奏会場へと向かう行灯社の面々。)


耳を傾けて下さった皆様、そして「肉ばっかやん」の皆様、どうもありがとうございました!!

二幕目の「肉ばっかやん」さんでのセットリストは以下の通りです。


20181020otoraku3000.jpg


Perfect (Fairground Attraction)
Top of the world (The Carpenters)
Don't look back in anger (OASIS)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)



20181020otoraku4000.JPG
(三幕目、「ほこ」さんにて。)


そして三幕目は同じ東商店街にある「ほこ~魚菜と地酒~」でした。

17:00~18:00の枠で演奏させて頂きました。

色々なイベントでお世話になっている「ほこ」さんでの演奏。

我々の記事にも度々登場します、そう、鯛茶漬のほこさんです。

今回はゆずがきいた鯛茶漬け、ひっきりなしに人の出入りがあり、さすがだなぁと、、、お店がお忙しい中でしたが演奏でお邪魔させて頂きました。

20181020otoraku4003.JPG
(大忙しの江本さんと。)


お店が忙しいのに映像も撮って下さっていました、江本さんお忙しいのにありがとうございました!

きさくな江本さんの笑顔、いつもぐっと背中を押して下さってる気がします、ありがとうございます!


20181020otoraku4001.jpg


演奏を気に入って声をかけて下さる方々も多く、ありがたかったです!

演奏途中でバルの事務局の撮影班の方々が撮影に来られました。

そして演奏後はほこさんの前でTomoさんとちゃもちゃんにお会いしました。


20181020otoraku4004.JPG


少し涼しくなってきていたので、ちゃもちゃんもお散歩が更に心地よいのではないかなと思いました。

いつもTomoさん差し入れ本当にありがとうございます。


20181020otoraku4005.JPG
(犬用のスイーツ。ちゃもちゃん欲しがる欲しがる。)


今回頂いた差し入れのケーキ屋さん、犬用のスイーツも作っていらっしゃって、これはちゃもちゃんの。

ものすごく反応していました、ちゃもちゃん、会えて嬉しかったよ。

お聴き下さった皆様、そして「ほこ」の皆様、本当にありがとうございました!

三幕目「ほこ」さんでのセットリストは以下の通りです。


20181020otoraku4002.jpg


It don't mean a thing (Duke Ellington)
Top of the world (The Carpenters)
Perfect (Fairground Attraction)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


④へとつづく・・・・


20181020otoraku2001.JPG
(今回の一幕目、「蒸 musun ん」さんにて。)


まずは今回の一幕目。

14:00からの枠はアイフォニックホール近くにある「ワインと蒸し料理 蒸 musun ん」さんの軒先での演奏でした。


20181020otoraku2010.JPG


セッティングするココメンのそばで佇むお母さんとちびっこ。

もしかして・・と声をかけてみると、オトラクの演奏を目指して聴きに来てくれたそうで・・・

とても嬉しかったです。


20181020otoraku20000.jpg
(マラカスを鳴らして一緒に楽しんでくれました、どうもありがとうございました!!)


マラカスをお渡しして一緒に楽しみました。

演奏後には、たまたま通りかかり足を止めて聴いて下さった方が、とても良かったよと声をかけて下さったり。


20181020otoraku2009.jpg


心地良い風を受けながら、無事演奏終了。

耳を傾けて下さった皆様、そして「蒸 musun ん」さん、どうもありがとうございました!

一幕目の「蒸 musun ん」さんでのセットリストは以下の通りです。


20181020otoraku2002.jpg


Isn't she lovely (Stevie Wonder)
Perfect (Fairground Attraction)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)



そしてオトラク本部のある三軒寺広場に移動すると、ちょうどツキサケのお二人のパフォーマンスが最後の盛り上がりを迎えているところでした。

もう少し聴きたかった、残念!


20181020otoraku2006.JPG
(三軒寺広場でのウミネコ楽団のお二人。ステキでした~。)


ツキサケの次は、ウミネコ楽団お二人のの伸びやかなステージを鑑賞、昼下がりの心地よいお天気の中、ウミネコさんの演奏、本当に心地良かったです。


20181020otoraku2003.jpg
(カレー美味しゅうございました、まかない班の皆様、ごちそうさまでした!!)


その後、オトラク本部でカレーを頂きました。

今回事務局でお好み焼きのまかないを作る!ということでしたが、タイミングが合わずでした。

オトラク本部にバギーを傍らに赤ちゃんをだっこする笑顔の女性が。

あ!JT starsさんの女性メンバーさんが赤ちゃんと共に遊びにいらしてました。

顔合わせの時に、あれ?いらっしゃらないと思っていたら、今回はオトラクミュージシャンはお休みで、赤ちゃんと一緒に遊びにいらしてました。


20181020otoraku2004.JPG
(なんともほのぼの。)


中脇大将がだっこして赤ちゃんをあやします。

赤ちゃんが全く泣かない、ぐずらない・・・ママもびっくり。

とても絵になる一コマでした。


そしてこちらのお二人もいい笑顔。


20181020otoraku2005 .JPG
(エリア班で忙しく飛び回るなりさん。いつも本当にありがとうございます!!)


③へとつづく・・・・


20181020otoraku.jpg


Jackeyです。

10月20日は、伊丹で開催されました「第19回伊丹オトラクな1日」にオトラクミュージシャンとして参加させて頂きました。

ご来場下さいました皆様、また各会場で耳を傾けて下さった皆様、本当にありがとうございました。

そしてオトラク事務局をはじめとする関係者の皆様、今回も貴重な機会を下さり、また大変お世話になり本当にありがとうございました。

細やかなご配慮のおかげで、無事に「伊丹オトラクな1日」での演奏と非常に楽しく実りある思い出ができたことを心より感謝します。

そして演奏させて頂きました「第19回伊丹まちなかバル」参加店の皆様、バルでお忙しいにもかかわらず場所を提供頂き、本当にありがとうございました。


おかげさまで予定していた4会場の他にゲリラ枠として1会場の合計5会場での演奏を滞りなく終えることが出来ました。


今回で19回目の「伊丹オトラクな1日」。

春・秋の年2回の開催、来年の春でめでたく20回目、つまりは10年目を迎えます。

今や日本最大級のバルとなった「伊丹まちなかバル」が“食”で伊丹の街を盛り上げ、毎回タッグを組む「伊丹オトラクな1日」が“音楽”で伊丹の街や時間を彩る。

このタッグが絶妙なのです。

今ではオトラク目当てで来場される方も非常に多くなったそうです。

確かに演奏会場でも、我々目当てで聴きに来て下さったという方もいらしゃっいました。

すごく嬉しいです。

毎回書いているかもしれないのですが、来場者はもちろん、色々な立場の人が楽しめる構図になっている、毎回色々な工夫を凝らして更に前へと進んでいく、そんなミラクルなイベントが「伊丹オトラクな1日」です。


20181020otoraku1002.jpg
(恒例の顔合わせ。オトラク関係者が大集合!!)


20181020otoraku1007.JPG
(その大集合写真を撮影して下さるカメラ班!!いつもありがとうございます!!)



ここまでよく考え込まれているイベントに出会ったことがありません。

考え込まれているからこそ、オトラクミュージシャンがゆるさというか、ファジーさをもって当日臨めるのです。

大枠のルールの中で、その時その時の采配によって1日どんなふうに過ごすかが決まってくるので、これがまた興味深いところで、勿論ミュージシャン同士が突然ジャムったり、色々な人のとっさのアイデアが好転したり、色々な化学反応が見られるのもこのイベントの特徴です。

事務局、関係者の皆様の色々なご苦労なしではなし得ない、沢山の気持ちがつまったイベントで、その気持ちがしっかりと伝わってくるので、我々も更にその期待に応えたい気持ちが大きくなり、その気持ちを音楽へと反映させたいと常に考えます。

振り向けばCocodriloもオトラク開催と同じ数だけ機会を頂いていて・・・・ひとつひとつの回に色々な思い出や出逢い、そして再会があり、こんなに嬉しくて有難いことはありません。

私がブログでオトラクのレポートを書くのも19回目となりますが、いい加減慣れたらどうかと思うくらい、未だにオトラクのよさをうまく伝えられずにいますが、それでも不器用なりにオトラクミュージシャンとして感じたことを綴れる幸せといいますか、オトラクミュージシャンとして参加させて頂けたこと、本当に良かったなぁと思います。


そして今回を振り返ると・・・・やはり楽しかったです!!

非常に充実した1日でした。

終盤を迎えると、いつもココメン、本当に充実した笑顔になっています。


20181020otoraku1003.JPG
(本当に良くできたお嬢さんでした。ゆうこす。ありがとう、お疲れ様でした!!)


我々が無事に演奏出来たのは、オトラクサポーターとして今回帯同して下さった“ゆうこす”のおかげでもあります。

本当にありがとうございました!

本当に良く気が付く女の子で、終始爽やかな笑顔で我々の心のオアシスとなり、1日頑張って下さいました。
 
ところで、オトラクに参加させて頂く際、オトラクミュージシャンにはオトラクサポーターといって、1日オトラクミュージシャンを支えてくれる役目の方がいらっしゃいます。

我々を担当して下さるオトラクサポーターの方はほぼ初参加なのですが、事務局の方々が事前の集まりなどでサポーターの方々に細かくレクチャーされているのか、はたまたそれぞれご本人自身がよく気のつく方なのかは不明なのですが、とにかく、担当サポーターの方々皆さんの共通点が、本当に気配りが凄くて、また人柄も素敵な方ばかりで、個人的には色々な会場、色々な方々の前で演奏する機会を頂けることと同じくらい、サポーターの方々と1日一緒に過ごし、その中で色々なお話をしたり会場一つ一つの出来事を共感出来ることに大きな喜びを感じます。

毎回素敵なサポーターさんとめぐり合わせて下さるオトラクの事務局の方々に本当に感謝です。


20181020otoraku1008.JPG
(行灯社のお二人、そして今回サポーターを担当、そして前回はCocodriloを担当して下さったリオくん。)


そして、オトラク開始前の決起集会のような顔合わせの場で、過去にお世話になったオトラクサポーターの方、そして毎回多角的にオトラクミュージシャンを支えて下さる本部、無事に演奏できているかを走り回ってサポートして下さるエリア班、”オトラクの胃袋”でありスタートからずっとミュージシャンや関係者のためにせっせと色々なまかないをこしらえて下さるまかない班、そして自転車で色々な演奏会場を飛び回ってナイスな1シーンをファインダーで切り取って下さるカメラ班の皆様と再会出来ることも非常に嬉しいことのひとつです。


20181020otoraku1006.JPG
(いざ出陣!!)


ということで、今回も非常に楽しかった「オトラクな1日」、少しづつ振り返ってみたいと思います。

お時間の許す限りお付き合い頂ければ幸いです。


20181020otoraku1004.JPG
(♬「第19回オトラクな1日」のはじまりはじまり♪)


②へとつづく・・・・


20180916yataimura1001.jpg


9月16日は、伊丹で開催された「第15回伊丹郷町屋台村」で演奏の機会を頂きました。

ご来場下さいました皆様、どうもありがとうございました。

そしてお誘い下さいました伊丹郷町屋台村の事務局ならびに関係者の皆様、大変お世話になりありがとうごさいました。


沢山の来場者、そして出店されているお店の方々に囲まれつつとても和やかに演奏させて頂くことが出来ました。

今回は比較的バラードやゆったりした雰囲気のセットリストを組んだこともあり、遠くからでも頷きながら聴いて下さる方も多く、とても嬉しかったです。


東日本大震災が起きた時に、伊丹の人の気持ちをなんとか届けたいと産声をあげた災害復興支援イベントである伊丹郷町屋台村も今回で15回目。

事務局や関係者の方々、そして伊丹郷町屋台村を支える沢山の方の気持がいっぱい詰まった素敵なイベント。

我々は音楽を届けるというほんの小さなことしか出来ませんが、それでも何かのお力になれたなら・・・という気持ちをこめて臨みました。

セットリストは以下の通りです。


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
When I was your man (Bruno Mars)
You've got a friend (Carole King)
Top of the world (The Carpenters)
Don't look back in anger (OASIS)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20180916yataimura10003.JPG


前回のオトラクの際にずっと我々の演奏会場を追っかけて下さったファミリーのぼく。

今回は彼がオトラクの時のプラカードをマイナーチェンジして持ってきてくれて、ステージ前で応援してくれました。

とっても嬉しかったしありがたかったです!!

彼は翌日の17日にキッズのダンス枠で踊ったそうで、残念ながら観に行けなかったのですが、いつか是非!楽しみにしています。

どうもありがとうございました!!


演奏後は、屋台村の美味しいもんに舌鼓。


20180916yataimura1004.JPG


今回は・・・

◎名物鯛茶漬け(ほこ)
 ⇒みんな大好き大好物です。

◎自家製スモークチーズ(ほこ)
 ⇒まったり濃厚!

◎ぜいたく天ざる細うどん(月山流池瀧うどん)
 ⇒冷え冷えを出してくださいました、麺はもちもち!

◎唐揚げ(大分中津からあげ たんでん)
 ⇒柔らかいしビールに合う!

◎金のぺろぺろ麻婆焼きそば(餃子酒家 金GOLD)
 ⇒ココメン初の麻婆焼きそば!アリです!

◎油そば(希望新風r171伊丹店)
 ⇒非常に食べ応え満点!

をみんなで頂きました。

どれも美味しかったです、ごちそうさまでした!!



そしてTomoさん&ちゃもちゃんから差し入れも頂きました。

いつも伊丹にちなんだ銘菓を差し入れて下さって、今回頂いた「伊丹たんたん小道」というマドレーヌ、焼き加減が私の好みにドストライクでした。

伊丹には本当に美味しい和洋スイーツのお店が多いのだなと感じます。

ごちそうさまでした!


20180916yataimura1005.JPG
(この季節の伊丹の風物詩、「鳴く虫と郷町」も開催されていました。)


耳を澄ませば虫の声が聞こえました。

伊丹には「鳴く虫と郷町」という、街の色々なところから虫の声や姿が楽しめる、非常に風情のあるイベントがこの時期、1週間ほど毎年開催されています。

虫にちなんだイベントや展示、そして色々なイベント、ライヴなどもあって、素敵なひと時を過ごすことが出来ます。


ということで、無事終了、皆様、色々とありがとうございました!!


20180916yataimura1006.jpg



さて、Cocodriloの秋・冬のお座敷ですが、いくつかの街で演奏させて頂く機会に恵まれました。


11月3日(土)の文化の日は伊丹市立伊丹スポーツセンターで開催される「キッズフェスいたみ2018」。

11月17日(土)は、この季節恒例の滋賀県長浜市の古民家イベントスペース「川崎や」さんで”Eastwest meets Cocodrilo”。

12月8日(土)は、奈良の隠れ家的カフェ「cafe+zakka+gallery tuBU」さんでのワンマンライヴです。

各々の詳細、そしてその他のイベントにつきましても詳細が確定次第お知らせさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします。


気が付けば2018年もあとわずかになりました。

日が暮れるのが少しづつ早くなってきた気がします。

私の周りには夏が好きという人の方が多いように思うのですが、個人的にはありがとうおいでませ、秋・冬。

ということで、湿度が早く去って乾いた風が頬をかする季節を心待ちにしています。


最後に、季節の変わり目で体調を崩される方が多いですので、皆様もどうかご自愛くださいね。

またどこかの街で皆様の笑顔にお会い出来る時を楽しみにしています。


Jackeyでした。

20180715音ゴハン.JPG



7月15日は伊丹が誇る美味しい食事と酒のお店、「ほこ」さんで開催された「音ゴハン」で演奏させて頂きました。

連日の酷暑の中お集まり下さいました皆様、本当にありがとうございました。


20180715otogohan1002
(ほこさんの美味しいオードブルに呑み放題のライヴ、非常にお得な「音ゴハン」でした。)


そして、今回お誘い下さいました「ほこ」の皆様、とても楽しい機会を与えて下さり、また大変お世話になりありがとうございました。

ほこさんの「音ゴハン」には本当に久しぶりで、今回の音ゴハンはその時にも共演させて頂いたツキサケそしてマサタケダ・トリオ・ソ・ブランコのお二方との共演で、当時ものすごく盛り上がって楽しかった思い出があり、とても楽しみにしていました。


20180715otogohan1003


ツキサケは今回少しサプライズもあってとても嬉しかったです。


20180715otogohan1004


歌詞がしっかり心に届けられるので、余計に心が動かされるんでしょうね、楽しい曲もぐっとくる曲も。

だからいつ聴いてもいいなぁと思えます。

そして相変わらずの会場を巻き込んでしまうあの楽しさがいいです。


20180715otogohan1006


そしてトリのマサタケダ・トリオ・ソ・ブランコの皆さんですが、普段は3名で活動されていますが、今回はドラムの方が熱中症で不参加となり、急遽2名で演奏されましたが、演奏のアツさは変わらず、会場のお客様のノリも最高潮でした。

我々もいつもよりもテンション上げ目で、楽しく演奏させて頂くことが出来ました。

会場の皆様と楽しいひとときが過ごせました。


20180715otogohan1008

盛り上げて下さった皆様、ありがとうございました。

当日のセットリストは以下の通りです。


20180715otogohan1009


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
This night (Billy Joel)
Material girl (Madonna)
When I was your man (Bruno Mars)
Don't look back in anger (OASIS)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20180715otogohan1011


20180715otogohan1013


こぞって踊り出す、掛け声が飛び交う、会場全体で歌いまくる、そんな陽気なイベントでした。

皆様本当にありがとうございました。


さて、次回のCocodriloのお座敷は9月の連休になります。

詳細が確定次第お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

暑い日がまだまだ続きますので、皆様どうか熱中症にはご注意くださいね。

201805195000
(今回いくつかの会場に遊びに来てくれた彼とのお話で盛り上がるサポーターリオくん。とてもほほえましい光景でした。)


<<五幕目:MELLOW>>


201805195001



そして今回最後の会場は、酒蔵通りに新しくオープンした、店の佇まいが非常に素敵なカフェダイニング、 MELLOW さん。

久しぶりに酒蔵通りを訪れたので、こんなにガラッと雰囲気が変わっていたなんて知りませんでした。


201805195002



日も暮れた頃、MELLOWさんの軒先に機材を置き、時折酒蔵通りを抜けていく心地よい風を受けながら、バルを待つ行列の方々、そしてバルメニューを楽しむ方々、オトラクを楽しむ方、そして酒蔵通りを通行する方々など、色々な方が耳を傾けて下さる中、沢山の方の笑顔に囲まれながら色んな方向に向かって演奏させて頂きました。



201805195003


アンコールも頂き、ノリノリで楽しんで下さる方や、 演奏後も色々な方がお話して下さってとても嬉しかったです。

ご来場の皆様、そしてMELLOWの皆様、本当にありがとうございました!

MELLOW さんでのセットリストは以下の通りです。



201805195004
(アンコール中。手拍子とダンスで我々と一緒になって楽しんでくださいました、ありがとうございました!)


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
When I was your man (Bruno Mars)
Don't look back in anger (OASIS)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

.....Encore
Top of the world (The Carpenters)


ということで、無事オトラクでの演奏は終了致しました。

色々な会場でお会いできた皆様、本当にありがとうございました。


そして演奏後はオトラク関係者が集結する打ち上げ会場へ。



201805196000
(今日も無事演奏を終えることが出来て感無量でした!!皆様お疲れ様でした!!)



オトラクのまかない班の方々が、お昼間からオトラクミュージシャンや関係者のためにせっせと心を込めて色々な種類のまかないを作って下さるのですが、集結する関係者の数がはんぱないので、その人数分のまかないって・・・毎回毎回本当に大変なことなのですが、感謝の気持ちで今回もありがたく頂きました。

まかない班の皆様、ごちそうさまでした、そしてお疲れ様でした!!



201805196002
(リオくん、本当にありがとうございました!!)


201805196001



オトラクでの久しぶり、またははじめましての方とその日を振り返ったり色々なお話をして、楽しいひとときを過ごしました。

その後は、一旦カフェでクールダウンした後にツキサケ、平田嬢 @mona 、そしてココメンで恒例オトラク後の打ち上げ@ほこさんへ。

今回も無事にオトラクで演奏できてよかったなぁ・・・楽しかったなぁ・・と、〆の鯛茶漬けを美味しく頂きながら、お互いの 1 日を振り返りました。


100 名を超すオトラクミュージシャン。

屋内外の大小色々な規模の会場での演奏。

機材や電源は全て自前で各ユニットおよそ3~ 5 会場を流していく。

しかもその時のお店の雰囲気や来場者、周囲の雰囲気にフィットしたパフォーマンスの采配が必要となる。

場合によってはユニット同士のセッションも突然生まれたりする。

伊丹まちなかバルと共存しながら、お互いがお互いを高めるような関係を、ある程度のゆるさを保ち続ける。

こういったことが毎回進化している。

それが 18 回目って・・・・。

春・秋の年 2 回開催で 9 年。

1 年後の春には 20 回目。

本当に凄いとしかいいようがありません。

語彙力がないので毎回レポートを記すたびにうまく説明出来ないのですが、毎回無事に演奏、そして色々な会場で来場者にも楽しんで頂けるのは、その陰でオトラク関係の方々が、色々と細かいところまで考えて下さって配慮された結果がそこに繋がっているのです。

毎回、そのありがたさを感じながら演奏させて頂いています。

回を重ねるごとに色々な輪が広がっていき、また色々な条件で演奏することを学びます。

実際、我々はオトラクという流しスタイルでの音楽イベントを通じて、本当に勉強になったことが多いです。

オトラクで得た知識や教訓などが、他のイベントで演奏させて頂く際にヒントとなることもよくあります。

我々にとっては得ることのほうが多くて、何のお返しも出来ていないのです
が、色々な会場で、色々な方々がそのひとときを楽しんで下さるような空間を
つくれるような、そんなバンドでいられるよう、頑張りたいと思います。

最後に、色々な会場でお会いできた皆様、演奏会場の皆様、そしてオトラク関係の皆様、本当にありがとうございました。

これからも末永く、このどこまでもミラクルなイベント、オトラクが続くことを祈ってます。


201805197000
(みなさまどうもありがとうございました!!)



そして次回のお座敷は7月15日(日)夕刻スタートの「音ごはん@伊丹ほこ」です。

ほこさんでのライヴは本当に久しぶりで楽しみです!!

詳細は確定次第お知らせさせて頂きますので、どうぞよろしくおねがいいたします!


Jackeyでした!!
201805193000
( 松葉亭さんの前でぱちり。)



<<三幕目:松葉亭>>

そして三幕目は今回初めてお邪魔した、東リ伊丹ホールの二階にある松葉亭さん。



201805193001



我々がお邪魔した頃はちょうどホールでコンサートが終了したところだったようで、松葉亭さんにはコンサートを楽しまれたお客様もいらして、コンサートの楽しいお話などをされている横で、あまりお邪魔しないように演奏させて頂きました。



201805193002



ご来場の皆様、そして松葉亭さん、本当にありがとうございました。


201805193003



松葉亭さんでのセットリストは以下の通りです。

But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
You've got a friend (Carole King)
When I was your man (Bruno Mars)
Perfect (Fairground Attraction)


201805193004



<<四幕目:団楽酒場 あぐら>>


201805194000
(三幕目の松葉亭さん(東リ伊丹ホール)の向かい側にあるあぐらさん。)


さて、四幕目のあぐらさんでの演奏まで 1 枠空いています。


201805194001
(今回のバルチケット。毎回デザインががらっと変わります。)



皆お腹が空いた、ということで、折角ご縁を頂いたので、演奏前にあぐらさんのバルメニューを頂くことに。

あぐらさんは東リ伊丹ホールの前にオープンして間もない居酒屋さんで、お店の外には美味しいにおいがたちこめていて、一同ワクワク。


201805194007
(本当に美味しかったです!!おススメ!!))


バルメニューの「 骨まで食べれる軟骨スペアリブのみそ煮」 は本当に柔らかくて深みのある味わいで最高、小鉢の「 トロ生揚げ出し豆富」 も、本当にトロットロで絶品で一同大喜び。

おススメです! 


201805194005
(オトラクでの楽しみの1つ、チャモちゃんに会えることです。)


あぐらさんではちゃもちゃんにも会えました。

Tomo さんがお店から出られた際に身体から伝わる美味しい匂いがして、お店からどんどん離れていってお散歩再開の姿がこう(ちょうだいちょうだい)。


201805194006


そして本番。

色々なお客様が演奏に興味を持って聴いて下さって嬉しかったです・・・

特にオアシスとカーペンターズなどがそうでした。

お店の方々からも演奏前に楽しみにしていますよとニコニコの笑顔で声かけて下さったので励みになりました。

あぐらさんでも楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

ご来場の皆様、そしてあぐらさん、本当にありがとうございました!!

あぐらさんでのセットリストは以下の通りです。


201805194004


Perfect (Fairground Attraction)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Top of the world (The Carpenters)
Don't look back in anger (OASIS)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)


201805194002



201805194003
(同時撮影の図。)



201805191000
(今回の一幕目は昨年もお世話になったエイト。さん、ありがとうございました!!)



<<一幕目:焼肉バル エイト。>>

1 つめの会場は阪急伊丹駅のほんそばにある「焼肉バルエイト。」さんの軒先での演奏でした。

ちょうど 1 年前のオトラクの一幕目もエイトさんでの演奏でした。



201805191001



相変わらず長蛇の列を作る人気店のエイトさん。


201805191002



昨年同様、軒先で演奏させて頂きましたが、前回はバル待ちの行列の方々が手拍子などで演奏を楽しんで下さっていたのですが、今回は列とは逆の方向の踊り場に、気がつけば多くのお客様が立ち止まって演奏を聴きに来て下さっていて、終始手拍子で盛り上げて下さり、ココメンにとっては非常に嬉しく、また有難いオトラクのスタートを切ることが出来ました。

ご来場の皆様、そしてエイトさん、本当にありがとうございました!


201805191003



エイトさんでのセットリストは以下の通りです。

Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Top of the world (The Carpenters)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)



<<二幕目:オトラクピクニック@梅園公園>>


201805192000



二幕目は本当なら松葉亭の予定でしたが、オトラクピクニックのスタッフの皆様から遊びに来て下さいとお誘いを頂いたので、“ええ!ほんとに?嬉しい!”となり、お言葉に甘えてお邪魔して、少し演奏させて頂きました。

このオトラクピクニックでの演奏、とても楽しくて幸せな気持ちになれるのです。

梅園公園のオトラクピクニックは、親子連れの方を中心に、遊んだり休憩したりするにはもってこいの会場で、我々が到着した時には既に多くの来場者がいらっしゃいました。

オトラクピクニックを担当されているママさん達が、公園にやってくるちびっこに、一緒に楽器を作ってみようという働きかけもされていて、多くのちびっこ達が既に自分で作った紙コップのマラカスを手に持ち、やってくるオトラクミュージシャンの音に合わせて一緒に楽しもう!というのがこのオトラクピクニックです。


201805192002
( 伊丹のスター、ツキサケ。あっという間に虜です。)


我々が到着した時はちょうどツキサケがライブ中で、ツキサケのお二人のリズムに合わせてちびっこ達を中心に沢山の方が楽しそうに、昼下がりのひとときを楽しんでいらっしゃいました。

オトラクピクニックのママさん達にもお会いできて、喜んで下さって、あぁ良かった・・・


201805192003



演奏後にも声をかけて下さる方々がいらして、このままいつまでも聴いていたいと嬉しいお言葉も頂けて(本当に励みになります、ありがとうございます!)、ミュージシャン冥利につきました。



201805192005



201805192004



また機会があればお邪魔させて下さいね。

オトラクピクニックでのセットリストは以下の通りです。



201805192009



201805192006



Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Eternal flame (The Bangles)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


201805192007
(monaさんのセッティング中。monaのみなさんの音楽、オトラクピクニックにぴったりです。)



201805192008
(オトラクピクニックでいつもの。)


ご来場の皆様、そしてオトラクピクニックの皆様、本当にありがとうございました!


20180519オトラク10001.JPG



Jackeyです。

5月19日は、伊丹で開催されました「第18回伊丹オトラクな 1 日」で演奏させて頂きました。

ご来場下さいました皆様・・・我々を目指してお越し下さった皆様、ふと足を止めてお聴き下さったり、一緒になって音を楽しんで下さった皆様、演奏中や演奏後に色々と話しかけて下さった皆様、差し入れをお気遣い下さった皆様、本当にありがとうございました。

今回は告知させて頂いた4会場以外に 1 会場追加となり、合計 5 会場で無事演奏させて頂きました。

今回も最高でした・・・本当に楽しかったです・・・・・。


20180519000
( オトラク関係者やオトラクミュージシャンが一堂に会する、恒例の顔合わせ。)



20180519003
(ザッツ オトラク!)



お誘い下さいました「伊丹オトラクな 1 日」関係の皆様・・・事務局、まかない班、エリア班、本部、オトラクサポーターの皆様などなど、今回も貴重な機会を下さったことに沢山の感謝の気持ちを伝えたいです。

そして演奏させて頂きました各会場のバル参加店の皆様、大変お世話になりありがとうございました。

バルでお忙しい中、色々なお気遣い、本当に嬉しかったです。

オトラクが無事に開催されるために、またオトラクだけでなく同時開催の伊丹まちなかバルの関係者、そして来場者、この日この2つのイベントにかかわる色々な人が楽しめるように、オトラクの事務局の皆様が時間をかけて、細部にわたり色々な工夫やアイデアを集結させていくというそのご苦労・・・・もっといえば毎回常に前進しているこのイベント(ありえないくらいすごいと思います)、本当に大変なことだと思います。

そんな多くの人の気持ちや努力がひとつの結晶となったこのイベントに参加させて頂けて、我々、本当に幸せ者です。

そしてオトラクに参加させて頂けたことにより、色々な会場でご縁を頂き、色々な方が聴いて下さって、その中には初めて知って聴いて下さった方も多く、こんな貴重な機会、本当に感謝しかありません。

そして沢山の会場で沢山のミュージシャンが演奏される中、偶然あるいは狙って Cocodrilo の演奏を聴いて下さったということ、手拍子やダンスで演奏に色を添えてくださっり、演奏後には有難く、また嬉しいコメントを下さったりと、聴いて下さる方々との距離感が非常に近く、その光景ひとつひとつが、我々の心をふわっとあたたかくして下さいました。

色々な方に感謝の気持ちでいっぱいです。

オトラクをひとことで例えるならば、いつも「ミラクルなイベント」というのですが、今回もその期待を裏切ることなく、「更にミラクルなイベント」でした。

本当にありがとうございました!!

それでは各会場でのレポートをぽちりぽちりと。

お時間の許す限り、お付き合い頂ければ幸いです。

そしてレポートの前に、今回我々が無事に最後まで演奏出来たのは、彼のおかげでもあります。

オトラクサポーターとして我々をしっかり支えて下さったのは、サポーター初参加の「リオ」くん。



20180519004
(リオくん、1日サポーターさんお疲れ様でした!!)


しっかり相手の目を見てお話する彼を目の当たりにした人見知りの私は、見習わないといけないなぁと密かに反省(しかし治らない)。

1 日お付き合い下さって本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした!!

幕間に音楽の話題になった際、さすがにジェネレーションギャップを痛烈に感じたのですが、意外にも超スイーツ男子で、幕後はスイーツ談義で盛り上がりました。

まさかアップルパイ(あ、私はアップルパイが大好きですが好みが細かい)談義が出来るとは・・・・。

ということで・・・・・。


20180512新開地音楽祭1001.JPG
(メインステージがある湊川公園のほのぼのバルーン。)


5月12日は今年で18回目を迎える「新開地音楽祭」で演奏させて頂きました。


20180512新開地音楽祭1002.JPG
(お世話になりました!!)



ご来場下さいました皆様、そして新開地音楽祭の事務局の皆様、会場の「Key West」の皆様、どうもありがとうございました。


新開地音楽祭に出演させて頂くのは本当に久しぶりな気がします。

と思って記事を読み返すと、恐らく2011年が最後でしょうか?

このころはまだ4人編成でした。

今回は久しぶりということで、3人編成になって初めての出演でした。

会場はミナエンタウンにある“Key West”さん。

ミナエンタウンの色々なお店からライヴの音が聴こえてきました。

因みに我々のすぐ近くのお店からはWhite SnakeとDef Leppardのナンバーが聴こえてきました。


そして我々の本番ですが、今回は新曲を2曲登板。

The Carpentersの”Top of the world”とBruno Marsの”When I was your man”です。

The Carpentersについては、今までにあれ?着手していなかったっけという感じで(確かに他のバンドでは数曲取り上げたのですが・・・)、候補に挙がってもおかしくなかったアーティストですが、今回初めて取り上げてみました。

そしてBruno Marsについては、個人的に非常に好きな曲だったのでCocodriloでトライしてみました。



20180512新開地音楽祭1004.JPG



いづれもCocodrilo色に染まっていますが、よければまた聴きにいらしてくださると嬉しいです。

ということで、当日のセットリストは以下の通りです。



20180512新開地音楽祭1006.JPG



Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Top of the world (The Carpenters)
When I was your man (Bruno Mars)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20180512新開地音楽祭1005.JPG



20180512新開地音楽祭1007.JPG


途中、ステージから足を踏み外したり、カルタールを上下逆に持っていたりしてハプニングが色々起きましたが、お店の皆様にも盛り上げて頂き、概ね無事に終了致しました。

睡蓮さんやTakeさんなど、久しぶりの音楽のお仲間にもお会いしてお話することが出来て嬉しかったです。



20180512新開地音楽祭1003.JPG
(元メンバーを交えて。)


演奏後は軽く呑んで、珈琲でしめました。

久しぶりの新開地、また機会があればお邪魔してみたいです。

皆様、本当にありがとうございました!!


さて、今週末、5月12日は「伊丹オトラクな1日」です。

先の記事でも少しふれましたが、当日のタイムスケジュールは公式で間もなく公開となりますので、こちらでも追ってお知らせさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

Jackeyでした!!


20180512新開地音楽祭1008.JPG
(久しぶりの新開地、楽しかったです!!)

20180504TJS1000.jpg



関西のGWの音楽イベントのといえば、今年でめでたく開催20回目を迎える高槻ジャズストリートです。

今年も高槻ジャズストリートの名物無料巡回バス、パラダイス号で演奏させて頂きました。



20180504TJS1001.JPG
(バスの中での演奏はこんな感じです。電光掲示板には”高槻JAZZ STREET"が表示されています!)


ご乗車下さいました皆様、一期一会のご縁を頂き、どうもありがとうございました!!

そして高槻ジャズストリートの事務局の皆様はじめ、受付の皆様、バスの車掌さん、車内で楽しくガイドして下さったバスガイドさん、募金箱の担当の方、お世話になりましてありがとうございました!



20180504TJS1004.JPG
(お世話になりました!!)



20180504TJS1002.JPG
(臨戦前のココメン。)



20180504TJS1005.JPG




手拍子を打って下さる方や、鳥のガーガー鳴くおもちゃで盛り上げてくださった方、そして笑顔で聴いて下さる方々など、バスの車内での演奏ということもあり、来場者の方々との距離が非常に近いので、その距離感も我々にとってはとても楽しく嬉しく、非常にありがたいものでした。



20180504TJS1006.JPG



また機会がございましたらパラダイス号で演奏させて頂けたらと思います。


当日のセットリストは以下の通りです。



20180504TJS1007.JPG


When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
Perfect (Fairground Attraction)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)



20180504TJS1008.JPG
(あっという間の演奏、楽しかった~!!)


お座敷前に、音楽仲間のRTBさんのステージを観に️️へ。


20180504TJS1009.JPG


編成がかなり変わっていて驚きましたが、あのアダルトなRTBの空気感はそのままで、非常にクールでした。

何と言ってもVOのあんかさんのパフォーマンスが素晴らしい・・・・・さらっとしていて黒い、ギラギラで黒い人はよく見かける気がしますが、さらっとしてて黒い人、うまく伝わるでしょうか、、なかなかいらっしゃいません。

その塩梅が私は好きです。


20180504TJS1010.JPG
(RTBの男性陣とココメン。みなさんごきげんさんです。)



お座敷後は、RTBさんの打ち上げに合流させて頂き、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

RTBの皆様、お疲れ様でした!!


ということで、Cocodriloの高槻ジャズストリートのお座敷は無事終了いたしました。

皆様ありがとうございました!!



20180504TJS1003.JPG
(楽しかった~!!)



そして、今週末の19日(土)は「第18回伊丹オトラクな1日」(併催:「第18回伊丹まちなかバル」)です。

阪急・JRの伊丹駅界隈で繰り広げられるまちなかバルの参加店や、駅や公園、広場などの屋外会場でも色々なジャンルの音を楽しんで頂けるイベントです。

是非食べ歩き、呑み歩きしつつ、”オトラクミュージシャン”の演奏も楽しんでください。

スケジュールなどの詳細は追ってお知らせいたしますのでどうぞよろしくお願いいたします!!


Jackeyでした!!


20180429びわこ10001.JPG


Jackeyです。

連休も後半戦となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?


4月29日は八日市で開催されました「びわこジャズ東近江2018(BJH)」で演奏させて頂きました。


20180429びわこ1002.JPG


今回は近江鉄道の電車の中での往復の演奏、そして店舗会場での演奏の合計3幕でしたが、それぞれの会場にご来場下さいました皆様、色々な会場の中からお立ち寄り下さいまして本当にありがとうございました。


20180429びわこ1005.JPG


また、BJH事務局の皆様、演奏会場の近江鉄道、そしてサヤームエラワンの皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。


20180429びわこ1006.JPG


当日は日焼けするほどの夏のような好天に恵まれ、過去に何度か遭遇した強風は今回全く感じませんでした。

ところで上の画像をご覧になりいつもと違うことにお気づきかと思いますが・・・


20180429びわこ1004.JPG


今回は開催直前にギターのやっさんが諸事情により不参加となり、当初残りのココメン2人で色んなことに挑戦するつもりでしたが、セッケンラブのふじをちゃんがギターで加勢してくれることになりました。

Cocodriloの元メンバーとはいえ、在籍当時はカホニスト、今回は急遽出演前日にスタジオに入ってくれることになり、簡単に合わせたのみで当日を迎えたわけですが、本当に感謝の気持ちしかありません。


20180429びわこ1010.JPG


今回は普段のCocodriloのレパートリーを、曲によってはタケシくんもベースからウクレレに持ち替えて、ふじをちゃんもやっさんとは真逆のギターのアプローチなので、Cocodriloといっても全然違うバンドカラーで臨むことになりました。



「近江鉄道JAZZトレイン」での演奏は、八日市駅⇔近江八幡駅の往復の2幕の演奏でした。

このイベントに参加させて頂くたびに、いつか近江鉄道で演奏してみたいなぁという淡い夢があったのですが、今回は漸く実現、感無量でした。


20180429びわこ1007.JPG



実際演奏するまでは、車内でゆったりとした空間でのんびりと演奏するものと思っていました・・・

過去に「高槻ジャズストリート」や「伊丹オトラクな1日」でのバス演奏で結構な揺れには慣れているので、その揺れよりは穏やかだろうと予想していましたが、それが大間違いでした。


20180429びわこ1009.JPG



車窓から広がるのどかな田園風景を背景に、のんびりと演奏、のはずが、時折結構な揺れもあり、 それをふんばる3人、時折制御不能でぴょんと飛んだり・・・こうなるともう楽しすぎて、面白過ぎて、お互いに顔を見合わせ笑いが止まりませんでした。


20180429びわこ1008.JPG


加えて、朝一番の演奏だったので、乗客される方は少ないのではと思ったのですが、幸い往路も復路も乗客は結構いらっしゃって ( 本当に有難かったです ) 、また乗客の方々が手拍子や笑顔で加勢して下さって、たくさん助けて頂きました。

そんなわけで車内は終始笑顔と楽しい雰囲気で満ち、とても幸せな気分で演奏を終えることが出来ました。

今回は“Don't look back in anger”と”Eternal flame”について、タケシくんがベースからウクレレに持ち替えて、ギター×ウクレレでお送りしましたが、その相性も非常に心地良かったです。



20180429びわこ1011.JPG



往復の演奏後は思いのほか体力を消耗していたことが判明、演奏後、電車から機材をホームにおろした後はとにかく 普段の何倍もの疲労と心地よい汗がありましたが、それでもとにかく楽しさに勝ることはなく、非常に貴重な機会を頂けて本当に感謝しています。

「近江鉄道JAZZトレイン」でのセットリストは以下の通りです。



20180429びわこ1012.JPG



「近江鉄道JAZZトレイン」:往路(八日市駅→近江八幡駅)

Tell me why (Neil Young)
You've got a friend (Carole King)
Don't look back in anger (OASIS)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)


20180429びわこ1014.JPG



「近江鉄道JAZZトレイン」:復路(近江八幡駅→八日市駅)

Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Eternal flame (The Bangles)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
Tell me why (Neil Young)


20180429びわこ1013.JPG


「近江鉄道JAZZトレイン」にご乗車の皆様、そして近江鉄道の皆様、BJHのスタッフの皆様、どうもありがとうございました!


そして「近江鉄道JAZZトレイン」終了後は、時間の都合上、間髪入れずタイ料理「サヤームエラワン」さんへ直行となりました。
https://www.siamerawan2558.com/

朝食を沢山食べていてよかった・・・。


会場移動の際、真夏のような日差しに“瞬時に日焼けするな・・”と思いました。


20180429びわこ1016.JPG



「サヤームエラワン」さんは、タイが大好きなオーナーが築80年のご実家の町屋を4年かけて自らリノベーションされたという、タイを感じるお店です。


20180429びわこ1020.JPG



吹き抜けの心地よさと、タイの雰囲気に少し町屋のテイストが感じられる内装で、驚いたことに、びわこジャズ用のステージも製作されていたのですが、そんな素敵な会場で演奏させて頂きました。


20180429びわこ1017.JPG



「サヤームエラワン」会場でのセットリストは以下の通りです。


20180429びわこ1018.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Tell me why (Neil Young)
You've got a friend (Carole King)
Eternal flame (The Bangles)
Don't look back in anger (OASIS)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20180429びわこ1019.JPG


「サヤームエラワン」会場にご来場下さいました皆様、オーナーはじめスタッフの皆様、BJHのスタッフの皆様、本当にありがとうございました!


20180429びわこ1021.JPG



演奏後はいつもの喫茶店でランチを取り、広島外科会場で行われたベニエ座のライヴを楽しみました。

暫くお邪魔しなかった間にコーラス隊が2名となり、枝龍はじめメンバーの方々の相変わらずの素晴らしいパフォーマンスを久しぶりに堪能出来て嬉しかったです。


ということで、Cocodriloのびわこジャズは無事終了しました。

前日の簡単な手合せや、今回初登板の機材もあったにもかかわらず、概ね無事演奏も終えることが出来て何よりでした。

特に「近江鉄道JAZZトレイン」では、乗客の皆様の笑顔から楽しんで下さっていることも伝わってきて、本当に嬉しかったです。
 
サポートしてくれたセッケンラブのふじをちゃんに心から感謝です。

こういった機会は稀ではありますが、いい経験が出来ました。

今後にも生かせるよう、精進したいと思います。

皆様ありがとうございました!!


さて、5月はあと3本、うち1本は詳細が確定してからの告知となりますが、2本は以下の通りです、どうぞよろしくお願いいたします。

5月の確定分は以下の通りです。


というか、明日は高槻です!!


「第20回高槻ジャズストリート」
http://www.0726.info/
平成30年5月4日(金)
15:30~(b-52)
於:パラダイス号(無料巡回バス)
以下の「会場案内」のリンクの一番下の「パ:パラダイス号」の写真が数年前のCocodriloになっています!
http://www.0726.info/access.html

現代劇場前から出発です。

交通事情もあり従来ダイヤが若干前後します。

加えて今回は各バスが10分刻みのスタートですので、もし我々の演奏を聴きに来て下さるようでしたら、「15:30発(Cocodrilo:b-52)」のバスかどうかを現地のスタッフの方にご確認の上ご乗車下さい。



「第18回新開地音楽祭」
http://shinkaichi.or.jp/ongakusai/
平成30年5月12日(土)
13:30~
於:ミナエンタウンステージ ”Key West”(ミナエンタウンB1F)
兵庫県神戸市兵庫区新開地1-4-3
078-512-0373

ものすごく久しぶりの新開地音楽祭で、ミナエンタウンで演奏させて頂きます。

もう1つは新開地の翌週に開催予定で、こちらは詳細が確定しましたら追ってお知らせさせて頂きます。

色々な街で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いいたします!!


20180429びわこ1022.JPG

20180324蔵ジャズ1001.png



Jackeyです。

年度末に色々ありバタバタしてしまって御礼が遅くなりました。


3月24日(土)は京都伏見で開催された「第8回蔵ジャズフェスティバル」で無事演奏させて頂きました。

ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

そして「カフェ桃山78」の皆様、今回演奏の機会を下さいました「蔵ジャズフェスティバル」事務局・スタッフの皆様、大変お世話になりありがとうございました。

この日は非常に暖かくポカポカとした陽気に包まれていました。



20180324蔵ジャズ1005.JPG



演奏前は、前回の蔵ジャズの演奏後にお邪魔した「MOKUREN」さんでのランチを楽しみました。



20180324蔵ジャズ1002.JPG



お店の方が我々を覚えて下さっていたようで、とても嬉しかったです。

美味しいランチを頂き、たくさんパワーチャージして、いざ演奏会場の「カフェ桃山78」さんまで、中書島の商店街をとことこぶらぶらして歩きました。



20180324蔵ジャズ1004.JPG
(夕方にはすっかり売り切れてしまった老舗パン屋の「ササキパン本店」)



20180324蔵ジャズ1003.JPG
(会場の「カフェ桃山78」さんの軒先に鎮座していたレトロなカキ氷機。)



この日は日本酒のイベントも開催されていたので、日本人も外国人も多く、伏見が賑わっていました。



20180324蔵ジャズ1006.JPG



さて、演奏会場の「カフェ桃山78」さんで、我々の2コマ前にはセッケンラブの演奏が。

この日、本当はある曲でメインVoを取るはずだったコントラバスのがみさんが風邪ひきで残念ながら聴くことが出来ませんでしたが、いつもの陽気なセッケンラブの演奏、とても楽しかったです。


そして我々もいざ本番。

アウェーな土地での演奏の時は、いつも本当にお客様が来て下さるのか不安なのですが、その心配は杞憂だったようで、会場は階段のエリアでも聴いて下さる方もいらっしゃるくらいの満員になり、演奏中もものすごい盛り上がりようで、本当に嬉しかったです、感謝の気持ちでいっぱいです!

お客様の中には、前述の日本酒のイベントで、既に酒を交わされたご機嫌な方々も多くいらしたので、私は素面だったのですが、お客様の楽しそうな表情がまるで鏡のようになり、私自身もまるで呑んでいるかのようなご陽気なテンションで、1曲が終わるごとに皆でグラスを上げて乾杯したり、本当に、楽しかったです!!

この日の暖かさなのか、会場の熱気なのかよくわかりませんが、演奏中非常に喉が渇いてしまって、結局ペットボトルを2本あけるくらいに。

それから我々の立ち位置の目の前に、グラスに継がれた日本酒がお盆に沢山並べられていて、これが非常に私をトロンとさせる光景だったわけで、お客様も呑んで歌ったらいいと何度も仰って下さったのですが、一応、いつも演奏中が絶対アルコールを呑まないことにしているので、演奏が終わった瞬間・・・

そのグラスを勧められて、皆でカンパーイ!!の掛け声と共に、一気に喉元に落とし込みました・・・・・あーほんとに最高。

ありがとうございます、そして美味しゅうございます。

手拍子や掛け声を頂いたりして、沢山盛り上げて下さったことの嬉しさと、演奏終了直後に頂くアルコールの喉元感があいまって・・・・何とも言えない至福の時でした。

皆様、本当にありがとうございました!!!!

ここ暫くで一番の盛り上がりだった気がします。

我々のレパートリーの中に”When you're smiling”という曲があるのですが、まさにその歌詞の通りで、笑顔はつながるんだなぁって思いました。

機材を片付けた後もビールをささーっと喉に。


ということで、当日のセットリストは以下の通りです。

Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
So bad (Paul McCartney)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
Don't look back in anger (OASIS)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

encore
Isn't she lovely (Stevie Wonder)

アンコールのお声もありがとうございました!!



20180324蔵ジャズ1007.JPG
(無事終了。)



その後はセッケンラブのふじをちゃん夫妻と共に、商店街にある居酒屋の屋台村のようなお店に入り、美味しいおととと日本酒を頂きました。



20180324蔵ジャズ10013.JPG



20180324蔵ジャズ1009.JPG



20180324蔵ジャズ10010.JPG



20180324蔵ジャズ10011.JPG



20180324蔵ジャズ1008.JPG



20180324蔵ジャズ10012.JPG




ということで、3月のお座敷はおかげさまで無事終了致しました。



さて、4月は東近江にお邪魔します。

4月29日(日)に近江鉄道八日市駅周辺で開催される「びわこジャズ東近江2018」で演奏させて頂きます。

詳細が確定次第追ってお知らせさせて頂きます!!

そして5月は高槻、他にも出演が決定したイベントがございますが、詳細が確定次第、こちらでもお知らせさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします!!


20180324蔵ジャズ10015.JPG
(寺田屋の前でぱちり。)

第5回猪名野神社の市1001.jpg


Jackeyです。

3月17日(土)は伊丹の猪名野神社で開催された「第5回猪名野神社の市~古本とクラフト&アート・雑貨~」で演奏させて頂きました。



第5回猪名野神社の市1003.JPG


第5回猪名野神社の市1004.JPG
(「中満」さん特製の「猪名野神社の市」限定オリジナルまんじゅう。かわいくてしっとりもちもち!)



ご来場下さいました皆様、手拍子や鳴り物で一緒に音を楽しんでくださいました皆様、本当にありがとうございました。


第5回猪名野神社の市1002.JPG


伊丹の街で演奏の機会を頂くことは色々ありましたが、猪名野神社での演奏は初めて。


第5回猪名野神社の市1005.JPG


そもそも、神社の境内という落ち着いた空間での演奏自体初めてでして、若干ドキドキしました。


第5回猪名野神社の市1008.JPG


第5回猪名野神社の市1009.JPG


しかし実際は、個人的に大好きなハンドクラフト系をはじめとする個性豊かなお店が沢山出店されるイベントでの演奏、更にその会場が神社という、ドキドキよりもワクワクがかなり上回りました。


第5回猪名野神社の市1006.JPG


こんな貴重な機会を下さった鹿嶋さんご夫妻はじめ「猪名野神社の市」の事務局の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました、本当に嬉しかったです。

また出店されていた皆様、市の合間に身にを傾けてくださったり手拍子をして下さったり、とても嬉しかったです、ありがとうございました。


第5回猪名野神社の市10011.JPG


当日は風もなく、雲ひとつない青空が広がり、背の高い木々に囲まれた境内での演奏という、非常に心地良い空間で演奏させて頂くことが出来ました。


第5回猪名野神社の市10010.JPG



当日のセットリストは以下の通りです。



第5回猪名野神社の市10012.JPG



◎一幕目
Perfect (Fairground Attraction)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
So bad (Paul McCartney)
Thank you baby (Godiego)
Allelujah (Fairground Attraction)


◎二幕目
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You've got a friend (Carole King)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Don't look back in anger (OASIS)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)



第5回猪名野神社の市10013.JPG



演奏後は境内のお店に少しだけお邪魔しました。


第5回猪名野神社の市10014.JPG


演奏の幕間におねがいしていた「あめ仙人」さんのリス、とても可愛く仕上げて下さいました。

食べるのがもったいない・・・とりあえず一輪挿しにさしてちらっちらっと見てます・・うふふ。


第5回猪名野神社の市10015.JPG


ここ数年はイヤリング+ネックレスよりもイヤリング+ブローチの組み合わせが殆どになっていて、この日は「ebico」さんの刺繍のブローチとイヤリングを。

どの服につけようかワクワクです。


第5回猪名野神社の市10016.JPG


そして興味深かったのは「aco wrap」さんの“天然ラップ”。

岐阜県のミツバチの巣から採取したみつろうとフェアトレードのオーガニックコットンの生地で出来たた天然ラップで、野菜やパンの切り口や、お皿代わりに使えるというグッズで、半年から1年くらい繰り返し使える優れものです。

「R foods apartment」さんのチーズタルトとレモンクッキー。

あっさりとした甘さと素朴な味わいが珈琲にぴったり、美味しく頂きました。


晴れやかな青空、猪名野神社の境内の雰囲気、そして沢山のてづくりのモノや古本のお店に囲まれての演奏、3拍子揃って大満足でした。

皆様本当にありがとうございました。


第5回猪名野神社の市10017.JPG



さて、3月24日(土)は京都の伏見で開催される「第8回蔵ジャズフェスティバル」で演奏させて頂きます。

詳細は次の記事でお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!!