1つ前の記事の続きです。

イタミ朝マルシェで爽やかな朝を過ごした後は、京都府の木津川市へと車を走らせました。


20161120hatake1002.JPG


20161120hatake1009.JPG


木津川市にあるBeeがあでんという農場の中に、コヨーテさんの工房(基地)があり、そこでジョイントライヴが開催されて今回で6回目となりました。


20161120hatake1011.JPG


20161120hatake1004.JPG


農作物に囲まれながらの非常にゆるいノリのイベントで、これがとても心地よいのですが、Cocodriloは3回目の参加です。


20161120hatake1003.JPG


20161120hatake10100.JPG


ご来場下さいました皆様、出演者の皆様、そしてお誘い下さったコヨーテさん、どうもありがとうございました。


20161120hatake1005.JPG


20161120hatake1007.JPG


20161120hatake1008.JPG


20161120hatake1017.JPG


20161120hatake10122.JPG


20161120hatake10144.JPG


Cocodriloは今回急遽セッケンラブのふじをちゃんがギターとしてCocodriloに参加、ぶっつけ本番だったので、セッションならではの醍醐味を味わうことが出来ました。

ギター2本って個人的にはどのジャンルにおいても好きな編成で、嬉しくなりました。


20161120hatake1013.JPG


そんなツインギターでお送りしたこの日限定のセットリストは以下の通りです。

Tell me why (Neil Young)
My shining star (Eddi Reader)
Time after time (Cyndi Lauper)
Seven impossible days (Mr. BIG)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Perfect (Fairground Attraction)
encore
Isn't she lovely (Stevie Wonder)

当日の出演者の演奏が終わると、次はセッション大会。


20161120hatake1018.JPG


20161120hatake102121.JPG


その頃には私はワインを体内に落とし込みご機嫌さんになっていたため、何の曲を演奏されていたかうろ覚え。

確か”Summertime blues"や”雨上がりの夜空に”とかだった気がします。

皆さん本当に楽しそうなんですが、特にセッケンラブのがみさんがとにかく楽しそうで嬉しそうだったのを覚えています。

パイセン(本名をしらないがそう呼んでいる)と、次に手合せする時はLoudnessしようとかそんな話をした気もします。


朝からの3連荘で日が暮れる頃には若干疲労も蓄積していましたが、これも幸せのかけらだなぁと感じつつ、Beeがあでんを後にしました。


20161120hatake1022.JPG


皆様どうもありがとうございました。


さて、Cocodriloの2016年のしめくくりは大阪になりました。

12月18日(日)に芦原橋で開催される「芦原橋アップマーケット」に出演させて頂くことになりました。

お誘い下さってありがとうございます。

芦原橋の駅至近の3会場に総勢約100の色々なこだわりのお店が勢揃いです。

時期的にクリスマスも近いので、クリスマスにちなんだイロイロもあるそうです。

これはたのしみ楽しみタノシミ。

出演時間など詳細は追ってお知らせさせて頂きます。

屋外のイベントですので、ご来場の際はあたたかい服装でお越し下さいね。

どうぞよろしくお願いいたします!

Jackeyでした!
20161120イタミ朝マルシェ1101.JPG


11月20日の午前は伊丹、そして午後は木津川市と演奏の旅をしました。

まずは午前中に伊丹で開催された「イタミ朝マルシェ」。

ご来場下さいました皆様、演奏に耳を傾けてくださいました皆様、どうもありがとうございました。


20161120イタミ朝マルシェ1103.jpg


そしてお誘い下さいましたイタミ朝マルシェの事務局の皆様、出店の皆様、音響をご担当下さった鹿嶋ご夫妻、本当にありがとうございました。


20161120イタミ朝マルシェ1102.JPG
(鹿嶋さん、大変お世話になりありがとうございました!!)


阪急伊丹駅とJR伊丹駅のちょうど真ん中らへんに位置する三軒寺前広場で、毎月1度、早朝から催される非常に爽やかな朝のマルシェです。

20日は寒くも暑くもないちょうどよい気温で、時折太陽も差し込んだりして、非常に心地良かったです。

会場には所狭しと色々な飲食・雑貨などのお店が並び、広場の真ん中では沢山の来場者が朝食と伊丹の朝を楽しんでいらっしゃいました。

朝からこういった場所で光を浴びつつ、爽やかな風を受けつつ朝食を楽しむって最高だなって思います。


20161120イタミ朝マルシェ1105.JPG
(毎年この時期に開催されるそうです。)


マルシェでは今回は毎年恒例、扇田さんの干し柿作りの無料ワークショップが開催されていました。


20161120イタミ朝マルシェ1106.JPG
(これはオトラクでお世話になってるなりさんが作った干し柿。)


時間があれば私も参加したかった・・・・

さて、我々は9時過ぎ、そして10時過ぎからの2幕でした。


20161120イタミ朝マルシェ1108.jpg


20161120イタミ朝マルシェ1109.jpg


1幕目のセットリストは以下の通りです。

Perfect (Fairground Attraction)
When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You just swept me off my feet (Curly Giraffe)
So bad (Paul McCartney)
She (Charles Aznavour)


20161120イタミ朝マルシェ1110.jpg


そして2幕目は鳴り物に興味を持ったちびっこ達やお父さんお母さんが我々の前に沢山集まって下さって、思い思いのビートを刻んで楽しんで下さっていました。


20161120イタミ朝マルシェ1111.jpg


一緒になって楽しんで下さる姿ってむちゃくちゃ嬉しいです、ありがとうございました!!


20161120イタミ朝マルシェ1112.jpg


2幕目のセットリストは以下の通りです。

アンコールも頂きました、どうもありがとうございました!!

Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
Seven impossible days (Mr. BIG)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
Thank you baby (Godiego)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
encore
Perfect (Fairground Attraction)

幕間と幕後はマルシェの朝ごはんを堪能。


20161120イタミ朝マルシェ1113.JPG



20161120イタミ朝マルシェ1115.JPG


20161120イタミ朝マルシェ1114.JPG


嗚呼・・・たまんない。


ザ・たこさんの「This is Delicious!!」が頭を回ります、腹に沁みわたります。

ごちそう様でした!!

色々なイベントでお世話になった方々にもマルシェに来場されていて、そういう方々の笑顔で更に幸せな気持ちになりました。

伊丹で色々なイベントに声をかけて頂くようになって伊丹の人との輪もぐっと広がって、色々な会場でお会いできるのも嬉しい瞬間です。


20161120イタミ朝マルシェ1117.JPG
(元気くんと江本さん、そして2人のおちびちゃんたち。)


「ほこ」の江本さんと「ツキサケ」の元気くん、そしてお二人の愛くるしいおちびちゃん。同級生になるそうです。

お二人ともメロメロ。

そういえばこの日元気くんが来ていた鮮やかなネイビーのオーバーオール、むっちゃ可愛くて、彼に本当によく似合っていました。

20161120イタミ朝マルシェ1118.JPG
(伊丹のファッショニスタと。)


サスペンダー部分は同色の異素材、ハズし方が洒落てます。


20161120イタミ朝マルシェ1119.JPG


何とこの日は家族でボーダーのコーディネート、うわぁ・・・さりげなくていいなぁ・・

伊丹のいいとこ、おいしいもん、すてきなひと、たくさんありがとうございました!!


20161120イタミ朝マルシェ1120.JPG
(元気くんのややこをだっこしたまま記念撮影をする、孫を抱くおじいちゃん感満載のやっさん。とても嬉しそうでした。)


エネルギー満タン。

ということで、昼からは「ハタケノメロディ」に参加の為、いざ木津川市へGoなのでした・・・・


20161120イタミ朝マルシェ1121.JPG


Jackeyでした!
20161112EWmeetsCo1000.JPG


11月12日は“Eastwest meets Cocodrilo Vol.4”、ということで、滋賀県長浜市の川崎やさんで、Eastwestさんと演奏させて頂きました。

ご来場下さいました皆様、演奏中も一緒に鳴り物で演奏に加わって下さってありがとうございました。


20161112EWmeetsCo1001.JPG


また、お誘いくださいましたEastwestのBALさん、今回サポートされたダイさん、そして毎回色々お世話になる清水さんはじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。


20161112EWmeetsCo1014.JPG
(清水さん、今回も本当にお世話になりました!!!)


今回で4度目となるイベントですが、毎回ご来場下さる方もいらして、とても有難いです。


20161112EWmeetsCo1004.JPG


毎回、長浜を楽しむ、ということで、今回は焼鯖そうめんを夕食で頂きました。

サバそうめんで有名なこのお店にお邪魔しましたが、閉店は何と5時。

今からだという時間に長浜のお店は閉店されることが多く、最初カルチャーショックを受けました。

風情のあるお店で、アンティークの小物などもところどころディスプレイされていました。

そして目の前に出てきたのがこちら。


20161112EWmeetsCo1005.JPG


焼鯖、想像していたより大きい・・・・想像していたのは、焼鯖はもう少し小さくて、そうめんがもっと多く入っているものだと思っていたのですが、焼鯖とそうめんの量が同じくらい・・・・・。

一方そうめんは甘辛く煮てあって、結構味もしっかりしていて美味しかったです。

しかし味がしっかりついているのにちっとも伸びていないのが不思議でした。

実は鯖を食べ始めたのはほんの数年前でした。

伊丹のほこさんの鯖寿司を頂いて、うっわーおいしい!と感動し、それから鯖を食べるようになったのでした。

そして、長浜の商店街でいつも気になっていたのに、行く頃には閉店していて買えたためしがなかった石窯のパン屋さんでパンを買うことが出来ました。


20161112EWmeetsCo1006.JPG


大きいまんまるのお食事パン。

とても香ばしいいい香りがしました。


20161112EWmeetsCo1007.JPG
(今回は川崎やさんのLine6のヘッドセットで。超軽量!)


20161112EWmeetsCo1008.JPG


そして本題ですが、”Eastwest meets Cocodrilo Vol.4”ですが、今回1幕目のEastwestさんは、ビートルズのナンバーをメインにオリジナルを数曲、しかもほぼラブソングというセットリストでした。


20161112EWmeetsCo1009.JPG


とても心地よく聴き入ってしまいました。


20161112EWmeetsCo1010.JPG


一方Cocodriloは今回、非常に珍しく、賑やかしのナンバーは殆どなしで、ミドルなノリとバラード中心のセットリストを組んでいたので、まるで両組とも示し合わせたかのような流れでした。

Eastwestさんがビートルズだったので、我々もセットリストの1曲を急遽ポールの曲に差し替えて演奏しました。

今回も色々な工夫をして下さったオペレーターの清水さんのおかげで、バラードものやコーラスものは、とてもいい感じになりました。

ということで、当日のセットリストは以下の通りです。


20161112EWmeetsCo1011.JPG


Tell me why (Neil Young)
Seven impossible days (Mr. BIG)
My shining star (Eddi Reader)
She (Charles Aznavour)
You just swept me off my feet (Curly Giraffe)
So bad (Paul McCartney)
Ol’ 55 (Eagles)
When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Thank you baby (Godiego)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
Perfect (Fairground Attraction)


20161112EWmeetsCo1012.JPG


そして最後のセッションはビートルズの“Kansas city”。

ソロを回したり、BALさんがコール&レスポンスを仕掛けたりと、賑やかな雰囲気の中、イベントは終了しました。


20161112EWmeetsCo1015.JPG


20161112EWmeetsCo1016.JPG
(2階の楽屋から。)


今回もあたたかい雰囲気の中、演奏させて頂くことが出来て、皆様本当にありがとうございました。


さて、Cocodriloの次のお座敷は今週末!

先に告知させて頂いたのは2幕でしたが、1幕増え、2日で3連荘となりました。

11月19日(土) 伊丹ユニークソニック(伊丹市昆陽池公園)
11月20日(日) 伊丹朝マルシェ(伊丹市三軒寺前広場)
11月20日(日) ハタケノメロディ(京都府木津川市)

詳しくは追ってお知らせいたします!


20161112EWmeetsCo1017.JPG


ということで、皆様どうもありがとうございました!!

Jackeyでした!
chime20161023109.JPG


先月の23日の日曜日は奈良県王寺町で開催された「休日うら山フェスティバル チャイムの鳴る森」で演奏させて頂きました。

ご来場下さった皆様、耳を傾けて下さってありがとうございました。

そして貴重な機会を与えて下さいましたチャイムの鳴る森委員会の皆様、音響をご担当下さいましたU様、本当にありがとうございました。


chime20161023100.JPG


数年前に訪れたのですが、森の中にワクワクするようなお店が点在していて、森にぴったりの雰囲気のバンドさんの演奏も聴けて、また森について学ぶことが出来たりと、この場所でしか出来ないような本当に素敵なイベントで、いい休日の過ごし方が出来たと感じました。

そのイベントにこのたび出演させて頂けることになり、ひとりワクワクしておりました。


車を走らせ王寺町へ。

既に森の中はチャイムの鳴る森、通称“チャイ森”にやってきた人でいっぱいでした。

多くの人に一緒に音を楽しんでもらおうと、いつものように色々な鳴り物をスーツケースに詰めて行ったのですが、嗚呼、そうだった、私があほうかとその時思い出しました。

ステージがある場所へは急な山道を登らないといけない。

そこに大きな重たいスーツケース・・・・・せめて半分くらいをリュックに詰めて行けばよかった・・・・。

山道に、こだわりのお店が色々あって、目移りしまくりでした。

フードのお店は常時長蛇の列で、早々に完売のお店も。


chime20161023101.JPG


私はキーマカレーを。

良く考えたらレジャーシートが必須だったのに、家に置いてきてしまい、立ち食いスタイルで。


chime20161023102.JPG


チャイ森のFBに掲載されていた井尻珈琲さん、気になっていたので立ち寄ってみました。

ゆっくりと時間をかけて作り上げる丁寧な所作に、おもわずぐーっと引き込まれてしまいました。


chime20161023201.JPG
(森の中での演奏は最高!)


満たされた気分で演奏へ。


chime20161023203.JPG


時折心地よい風を受けながら、森の中で森林浴しながら演奏させて頂きました。

一緒に鳴り物で元気よく楽しんでくれたチビッ子たち、ママさんパパさん、どうもありがとうございました。

ステージの前を行き交う人も足を止めてしばし耳を傾けてくださったりと、嬉しかったです。

ということで、チャイムの鳴る森でのセットリストは以下の通りです。


chime20161023202.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You just swept me off my feet (Curly Giraffe)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


我々の演奏の後はセッケンラブ。


chime20161023300.JPG


心地良いラブメンのサウンドが森に広がりました。


chime20161023301.JPG


そしてやっさんのサプライズ御誕生日祝い。

ばれないようにはどうしたらよいかと考えた結論。

ふじをちゃんが演奏している時に、ギターケースを借りて隠しておく。


chime20161023204.JPG


やっさんお誕生日おめでとう。


chime20161023205.JPG


健やかですてきな1年でありますように。


さて、その後はふらっと散策に出かけました。


chime20161023103.JPG


会場入り口付近には「しっぽ」を作るお店がありました。


chime20161023104.JPG


chime20161023303.JPG
(チビッ子たちの腰のあたりに何かある!と思っていたらしっぽ!)


チビッ子たちの腰のあたりに何かあるな、と思っていたのですが、これだったのですね。

とてもかわいい!


chime20161023106.JPG


そしてそのお店の前で、ひときわ私の興味をそそったのが「カナヤマ」というえかきさん。


chime20161023105.JPG


森の中で異彩を放つ風貌。

布製の覆面を被った人(カナヤマさん)が正座をして、切り株の上に紙とカーボン紙を敷いて、終始無言で時折コミカルな頷きを織り交ぜつつ、目の前に座る来場者の絵を描いて下さっていました。


chime20161023107.JPG


その覆面なのですが、眼の部分に本当に小さな穴しか開いていなくて、そして絵を描いて下さる時に、木の枝(恐らく)で、一番下には実際に複写される白い紙、その上にカーボン紙、その上に白い紙、つまりは真っ白の紙にひたすら木の枝で来場者の姿を描いていかれるわけで、時折一番下に敷いている複写される紙を覗いてバランスをはかりつつ、仕上げていくという、ものすごい工程で、出来上がるまではどんなふうに描いて下さるのか、ワクワクしていました。

あいにくやっさんはその頃既に群馬に戻るために会場を後にしていたので、タケシくんと描いて頂きました。

完成。


chime20161023108.JPG


二入の特徴を良く捉えていらっしゃいます。

“シッポ おとしたのか・・・”という吹き出しですが、これはこの方の前方に「しっぽ作り」のお店があったからだと思います。

タケシ君曰く、笑顔でいたのに困り顔になっているのは、恐らくこのくだりだからと思います。

私の絵の中のワンピースの柄が「木」という漢字になっています。

この日は「チャイムの鳴る森」に合わせて、沢山の木の模様のものにしてみたのですが、それを「木」に変換されているところが凄い!

思わずフフフと笑顔になってしまうような素敵な絵、どうもありがとうございました。


そういえば、今年はおはちの巻物系を買う事が多く、ターバンだったりスカーフだったりてぬぐいだったり。

チャイ森でもオーソドックスな黒のリボンのターバンを入手しました。

帽子も秋に入って3つゲットしました。

あかん・・・また帽子熱が・・・・。


ということで、チャイ森、とても楽しかったです。

まぜ是非参加させて頂けたら嬉しいです。

皆様、ありがとうございました。


さて、11月はお座敷が3幕。


20161112Eastwestmeetscocodrilovol4101.JPG


☆ Eastwest meets Cocodrilo Vol.4 ☆
平成28年11月12日(土)
於:長浜市 川崎や
滋賀県長浜市大宮町8-8 
http://kawasakiya.web.fc2.com/
出演:Eastwest / Cocodrilo
開演:19:00
入場料:¥1000(1Drink込)
今回で4回目となるEastwestさんとのジョイントです。


いたソニフライヤー.jpg


☆ いたみユニークソニック ☆
https://ja-jp.facebook.com/いたみユニークソニック-165521253648688/
平成28年11月19日(土)
於:伊丹市昆陽池公園 多目的広場
昨年は雨天中止となってしまったいたソニ。
今年こそは!!

10:30~ おがわてつや
11:10~ B-wave
11:50~ 鈴木 凛太朗
12:30~ シェイクオブロック
13:10~ 勝ち猫
13:50~ フリーミング+ツキサケ
14:30~ Cocodrilo(ココドリロ)
15:10~ マジェスティックジャズオーケストラ


☆ハタケノメロディ
(京都府木津川市)
平成28年11月20日(日)
12:00~18:00
詳細は追ってお知らせいたします!


皆様の笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

Jackeyでした!
20161022 15thotoraku705.JPG


大勢のオトラクミュージシャンとサポーターが各々の演奏を終え、打ち上げ会場に続々と集合します。

我々はだいたいいつも奥手に座って打ち上げを楽しんでいます。


20161022 15thotoraku706.JPG


回を重ねると、それだけ輪も広がっていくのだなと感じます。

お世話になったサポーターの方も、どんどん増えて、そのたびに言葉を交わす人の数も増えていきます。

色々な関係者の方々と、オトラクを通じて知り合うことが出来、この打ち上げの時に色々なお話もできて、それ以降は再会のたびに酒を交わすことが出来たりして、これも非常に嬉しいことだなと感じます。

また、オトラクや伊丹まちなかバルで知り合った方々と、別のイベントなどでもご一緒できたりすることもあり、更に輪が広がっていきます。

毎回、貴重なご縁に感謝です。


20161022 15thotoraku708.JPG


そしてラストは恒例のツキサケとのツーマン打ち上げ@ほこ。


20161022 15thotoraku707.JPG


今回はサポーターのじゅーちゃんも交えて打ちあがりました。

この伊丹オトラクな1日の最後に、ツキサケと酒を交しつつ1日を振り返ることがいつからかこのイベントの〆となり、もう当たり前のようになっていて、互いに楽しみにしています。

毎回、このオトラクについて同じようなことを書いているような気もしますが、言い換えれば、毎回同じ温度のテンションや楽しさがこのイベントにはあるのだと、もう15回目になるけれど、それって本当に凄いのではないか、と、つくづく感じます。

毎回色々な工夫を凝らして、色々な立場の人が楽しめるイベントにしようというオトラク関係者の方々の全力の心意気。

そしてそんな気持ちが強く伝わってくるからこそ、オトラクミュージシャンも色々な会場で色々な人に楽しんでもらおうと演奏する。

お互いがお互いにいい方向に作用している気がします。

我々がこのオトラクを身体中で楽しんでいる姿が、演奏を通じて色々な方の目に留まったり、耳に届いたらいいな、と思います。

末永く、このミラクルなイベントが続きますように。

そして我々も末永くオトラクミュージシャンでいれることを祈ってます。

皆様本当にありがとうございました!!

オトラク最高です。

そしてそんなオトラクを生んだ街、伊丹、最高です。


20161022 15thotoraku301.JPG
(皆様、ほんとうにありがとうございました!!)


最後に、1日サポーターとしてずっと我々について下さったじゅーちゃん、本当にお疲れ様でした!!

沢山写真も撮影して下さってむちゃくちゃ感激です、ありがとう~!!

レポートを最後までお読み下さってありがとうございました!!

Jackeyでした!!

20161022 15thotoraku601.JPG


そして最後にお邪魔した演奏会場はまかない会場でした。

長時間フル稼働でまかない班の皆様がオトラク関係者のために沢山のまかないをこさえてくださっています。

本当に有難いことです。

既に我々が到着した時には、調理はほぼ終了されていて、後片付けされている頃でした。


20161022 15thotoraku603.JPG


沢山のおにぎり達、圧巻です。

いったいいくつあるのだろう・・・。


20161022 15thotoraku604.JPG


たまごサンド、おいしそう~!!


20161022 15thotoraku605.JPG


これだけたくさんの餃子、すごすぎます!

どれもまかない班の愛情がいっぱい込められていて本当にありがたいです。


20161022 15thotoraku602.JPG


今回は新登場の大きな炊飯器が大活躍。

我々の演奏の際も傍らで佇んでいました。


20161022 15thotoraku600.JPG


少しでもご恩返しが出来たらと思いつつ演奏させて頂きました。


20161022 15thotoraku608.JPG


まかない会場でのセットリストは以下の通りです。


20161022 15thotoraku607.JPG


When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay) 
My shining star (Eddi Reader)
Perfect (Fairground Attraction)
Time after time (Cyndi Lauper)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
Sir Duke (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

今回の初登板はCローパーの“Time after time”。

昔、別のアコースティックバンドで演奏していた際は、原曲と同じようにバラード調で歌っていましたが、Cocodriloではガラッとアレンジを変えてロックっぽく演奏しました。

幸い、まかない班でCローパーがお好きな方がいらして、我々のアレンジも気に入って下さったとのことでホッとしました。


20161022 15thotoraku701.JPG


演奏後に、オトラクのおちびちゃん、と言ってもあっという間に身長も私を超えた彼女、今回は部活で不参加とのことでしたが、うちあげ会場に遊びに来てくれました。


20161022 15thotoraku700.JPG


彼女がお姉ちゃんと手作りしたというパイの焼き菓子を頂きました。

色々な味があって、美味しく頂きました、ごちそうさまでした!


20161022 15thotoraku702.JPG


我々の次の枠で演奏の方々の演奏を楽しみつつ、このまま打ち上げへ突入。


20161022 15thotoraku703.JPG
(のこぎりをお借りしてトライ。)


20161022 15thotoraku704.JPG
(レクチャーを受けるやっさん。とても楽しそうです。)
20161022 15thotoraku500.JPG


3つ目の会場は、オトラクのメイン会場となる三軒寺前広場でした。

日は暮れはじめ、演奏中にはすっかり日も落ちて、ライトップされる中、演奏させて頂きました。


20161022 15thotoraku501.JPG


この伊丹まちなかバル、アルコールを提供される会場も多いので来場者は夕方からがぐっと多くなります。

ちょうど我々が三軒寺広場に到着した頃も、近隣のお店に長蛇の列が出来ていて、また広場に集う人の数も非常に多かったです。


20161022 15thotoraku502.JPG


今回はタイムスケジュールが随分後へとずれこんでいたようで、ちょうど我々が本来演奏している時間帯は、直前のバンドさんが演奏されているくらいになってしまい、我々は17時スタートの枠でしたが、実際は17時半前スタートになり、時間通りに聴きに来て下さっていた皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

お配りした鳴り物や、My鳴り物で一緒に楽しんでくださった皆様、お忙しい中駆けつけて下さった方、そして会場や会場周辺で耳を傾けてくださいました皆様、本当にありがとうございました。


20161022 15thotoraku503.JPG


三軒寺広場でのセットリストは以下の通りです。


20161022 15thotoraku504.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
She (Charles Aznavour)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
So bad (Paul McCartney)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20161022 15thotoraku505.JPG


今回、Tomoさん&ちゃもちゃん、そしてくるねこさん&ジジさんから美味しい差し入れを頂きました。


20161022 15thotoraku506.JPG


20161022 15thotoraku507.JPG


スイーツミドル(スイーツナイスミドル)のココメン、大喜びです、いつも本当にありがとうございます!!

ごちそうさまでした!!!
20161022 15thotoraku300.JPG


そして我々の次の会場は、よくゲリラで演奏させて頂いているカフェ「イツモノトコロ」さんです。

前々回のオトラク時にゲリラ演奏させて頂いたのですが、その時の映像はこんな感じでした。

Material Girl / Cocodrilo @イツモノトコロ '15-10/24 (第13回伊丹オトラクな一日)

When You're Smiling / Cocodrilo @イツモノトコロ '15-10/24 (第13回伊丹オトラクな一日)

But Not For Me / Cocodrilo @イツモノトコロ '15-10/24 (第13回伊丹オトラクな一日)


バルメニューはミニアフタヌーンティセット+コーヒー/紅茶/ゆずはちみつで、我々もいつも楽しみにしています。

Curly Giraffeの爽やかなナンバーで演奏スタート。


20161022 15thotoraku302.JPG


20161022 15thotoraku303.JPG


今回は楽しいハプニングがいくつも起こりました。


20161022 15thotoraku304.JPG


演奏中に入店されたmonaのパーカッション担当のヒラタさんが、その場のノリでラッキーなことに2曲、我々の演奏に飛び入り参加して下さいました。


20161022 15thotoraku307.JPG


もうむちゃくちゃ楽しくて仕方がありませんでした。

もちろん初手合せで(恐らく普通にお話したのはほぼ初めて)、こういう流れがオトラクならではで、ご自分の次の演奏予定時間も差し迫っていらっしゃったのにコラボして下ったヒラタさん、本当にありがとうございました!

また次も是非一緒にやりましょうねと仰って下さって、感激!

いえいえそれはもうほんとにこちらこそです、また楽しみにしていますね!!


20161022 15thotoraku310.JPG


そして、Cocodriloの仲良しバンド、セッケンラブの面々が入店、この機会を逃してはいけないと、セッケンラブのがみさんとふじをちゃんに楽器をお渡しして、オリジナル「イツモノトコロ」を演奏して頂きました。

実はセッケンラブ、この「イツモノトコロ」さんの曲を作って色々な場所で演奏されているけれど、今までオトラクで「イツモノトコロ」さんでの演奏の機会がなかった、これは今しかない!ということでセッケンラブに突然のお願いをしてみました。

ラブメン、素敵な「イツモノトコロ」、ありがとうございました!

お店の皆様も喜んで下さっていました。

そして最後のサニーサイドでは、エリアマネージャーのなりさんがお店の前にいらしたので、お声掛けしてシェーカーで飛び入り参加して頂きました。

なりさんとお会いしていて長いこと経ちますが、このパターンは初めて!楽しい!

なりさん、最高でした、突然のお誘い、受けて下さってありがとうございました!


20161022 15thotoraku308.JPG


そしてセッケンラブのラブメンにも歌やカズー、鳴り物で参加して頂いて、非常に楽しい演奏となりました。

ラブメンありがとう~!!


20161022 15thotoraku309.JPG


ということで、色々な楽しいハプニングが起きたイツモノトコロさんでの演奏、セットリストは以下の通りです。


20161022 15thotoraku305.JPG


You just swept me off my feet (Curly Giraffe)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)  feat. Ms. Hirata (mona)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)  feat. Ms. Hirata (mona)
イツモノトコロ(セッケンラブ) by セッケンラブ
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields) feat. なりさん&セッケンラブ


20161022 15thotoraku311.JPG


いつも演奏の際、イツモノトコロの皆様が調理しもって身体を揺らせながら楽しんで下さるのが本当に嬉しくて、ありがたいです。

そしてお客様の中に、たまたまこのイベントがあるとは知らずに入店された方もいらして、思いがけず音楽が聴けて楽しかったと仰って下って嬉しかったです。


20161022 15thotoraku312.JPG


皆様ありがとうございました!

演奏後、イツモノトコロさんのいつものアフタヌーンティセットを、と思いましたが満席!

ということで、しばし休憩するために場所を移動してJU:JUさんで山芋焼を堪能!


20161022 15thotoraku401.JPG


すごくふわふわで美味しかったです。


20161022 15thotoraku400.JPG


私はフライングでアルコールを腹に落とし込みました(いつもアルコールは演奏後に!と決めているのに)。
まずは最初の会場、14時枠の「鉄板バル まつだ屋」さん。

初めてお邪魔するお店で、我々が到着した時は、既にお店の前に長蛇の列が。

バルメニューはミニステーキ&アンチョビポテト+アルコールで、あぁぁ、と思わず手が出てしまいそうな美味しそうなメニューでした。

事前に提示されていた演奏会場が、「店内2F階段上がったあたりまたは軒先」とあったので、てっきり軒先を想定していたのですが、2階で演奏となりました。


20161022 15thotoraku200.JPG


バル来場者の方との距離感が近かったので、生音で足の鳴り物系もカットで演奏させて頂きました。

お食事の合間、耳を傾けて下さった皆様、ありがとうございました。

我々の演奏を楽しみにご来場下さった方もいらしたのですが、長蛇の列で、残念ながらお食事と共に、は無理でした、申し訳ありませんでした。

「鉄板バル まつだ屋」さんでのセットリストは以下の通りです。


20161022 15thotoraku201.JPG


When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
Perfect (Fairground Attraction)

表に出ると、ぽちぽちと雨が。

これはまずい・・・・急いで移動します。


20161022 15thotoraku202.JPG


次の会場へと移動する際に「オトラクなないろピクニック」が開催されている梅園公園の前を通りました。

多くの親子連れが休日を楽しむ姿、その中に音が流れて、何とも微笑ましい光景でした。


20161022 15thotoraku203.JPG


公園入口でエリアマネージャーのなりさんに遭遇、お疲れ様です!


20161022 15thotoraku204.JPG
(なりさんにかぶしてくるやっさん。)
まずは恒例の顔合わせから。


20161022 15thotoraku100.JPG
(伊丹オトラクな1日はこの部屋から始まります。)


オトラクに関係者がいたみホールの大和室に大集合。


20161022 15thotoraku102.JPG
(部屋に入ると、オトラク関係者やサポーターさんがオトラクミュージシャンを迎えて下さいます。)


20161022 15thotoraku103.JPG
(オトラクの大将、中脇さんをうしろから。)


20161022 15thotoraku104.jpg
(FBよりお借りしました、オトラク関係者、全員集合!)


この大和室でハジメマシテの人、ごぶさたの人、色んな会話が飛び交います。

そしてオトラクの各担当者、オトラクミュージシャンの自己紹介が行われます。

オトラクミュージシャンの自己紹介のコーナーは、顔合わせのひとつの目玉となっていて、プロミュージシャンも多いことから、一瞬で心をかっさらってく(爆笑の渦化)芸達者な人が多いなぁ、すごいなぁって思います。


20161022 15thotoraku108.JPG
(いつも楽しみにしています。)


20161022 15thotoraku109.JPG
(まかない班の皆様。いつもごちそう様です。)


オトラク関係者の胃袋をがっちりつかんで離さない、まかない班は1日中フル稼働で打ち上げの際に提供される沢山のまかない(100人分くらいでしょうか)をこさえてくださっています。

いつもおいしいまかない、本当に感謝しています。

今回は久しぶりにまかない会場で演奏させて頂くことが出来ました。


20161022 15thotoraku110.JPG
(色々な会場でスムーズに演奏できるのはエリア班のおかげです。)


そして色々な会場の調整をして下さっているのがエリア班。

エリアマネージャーのなりさんはいつも色々な会場で笑顔で迎えて下さって、本当にありがたいし、心の支えでもあります。

そのなりさんと今回はちょっとした嬉しいハプニングがありました。それはのちほど。


20161022 15thotoraku111.JPG
(オトラクの中枢、本部チーム。いつも忙しく動いて下さっています。)


そしてオトラクの中枢である本部チームの皆様。

細かいところまで色々と気遣って下さっていて、色々とお世話になっています。


20161022 15thotoraku105.JPG


そして今回、Cocodriloに帯同して下さるサポーターは“じゅー”ちゃん。

大学1回生です。

はちきれんばかりの笑顔が何とも可愛らしくてオッサンはノックアウトです。

ここ最近は、サポーターの方が、帯同するオトラクミュージシャンのプラカードを手作りして下さるのですが、じゅーちゃんのお手製のプラカードが何ともキュート!


20161022 15thotoraku106.JPG


因みに毛糸も織り込まれていて、すごい!!

ポップに仕上げて下さってありがとうございます!

大学生の方がサポーターの場合、3人のお嬢ちゃんのおとうさんであるやっさんが、お子さんと比較的年齢の近いサポーターさんがいつも自分の子供のように思えるのでしょうね、そのテンションで色々とお話します。

今回、びっくりなことが。

サポーターのじゅーちゃん、ご両親が私と同い年。

おおおお・・・・・・とうとうこの時がきたか・・・・・。

お、おかあさんとおよびー。

突然母性が溢れたりして。

因みに、オトラクがスタートした2009年、彼女はまだ小学生だったそうです。

ココメン、遠い目をしたのは言うまでもありません。

ということで、じゅーちゃんと共にCocodriloのオトラクはスタートしました。
Jackeyです。

先週末は伊丹、そして奈良県の王寺町とお座敷の連荘でした。

いづれもCocodriloにとっては開催前から心待ちにしていたイベントで、当日は非常に楽しく、また有意義な時間を過ごすことが出来、お座敷の帰り道は本当に楽しかったなぁ、と、何度も思い返していました。

2つの街で耳を傾けて下さった皆様、そして貴重な機会を与えて下さったイベントの事務局、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

楽しすぎたからなのか、土曜日は昼から晩遅くまで、日曜は遠征で朝から夕方までと、長丁場であったにもかかわらず、疲れが全く残らず、ただただ楽しかったという残像感だけが身体に残っていて、これって本当に心底楽しんでいたんだな、と感じました。

本当にありがとうございました。

では、まずは22日のオトラクのレポートから。


祝!15回目開催!!

10月22日の土曜日は、めでたく今回で15回目を迎えた食べ歩き・呑み歩きのバルイベント、これがイベント店舗数、チケット販売数も日本一の「伊丹まちなかバル」、そしてその「伊丹まちなかバル」には唯一無二の存在である同時開催のゆるい音楽のミラクルイベント、こちらも同じくめでたく15回目を迎えた「伊丹オトラクな1日」、通称”オトラク“に参加させて頂きました。

15回目って、もうそんなに開催されているのかと驚くとともに、この楽しいイベントに繋がらせて頂いていることへの感謝の気持ちでいっぱいになります。

屋外イベントで演奏させて頂くことが多いCocodriloにとっては、毎回オトラクで色々な屋内外、そして規模も大小の会場で演奏させて頂くことによって、色々な会場でのバランスや機材について気づきが多く、こればかりはやってみないとわからない、そして場数を踏まないとわからないものなので、とても貴重な機会を頂いてるなぁと感じます。
そしてその都度の気づきについてメンバーが試行錯誤を重ね、アンプや楽器もどんどん変わっていき現在に至ります。

それから、オトラクミュージシャンには“オトラクサポーター”と呼ばれる、その日中、オトラクミュージシャンに帯同して演奏会場での色々な調整や、オトラクミュージシャンの心の支えになって下さるマネージャー的役割の方が存在します。

会場によっては、またその時によっては演奏しづらい状況もあったりするのですが、そんな時に心の支えとなるのがサポーターで、非常にありがたいです。

Cocodriloは毎回、サポーター初参加の方が帯同して下さることが殆どで、だいたい大学生の方が担当して下さることが多いですが、逆にこの機会に我々を通じて伊丹の、オトラクの楽しいところを、出来るだけ知ってもらえたらなぁとそんな気持ちで毎回接しています。

人見知りマスターの私も、このオトラクに限っては様変わりしまして、オトラクミュージシャン同士は言うまでもなく、オトラクでサポーターとして帯同して下さった方は、それ以降も有難いことにオトラクで出会うたびに言葉を交して、互いの近況や、オトラク当日の話も出来るのが本当に楽しみです。

色んな会場を渡り歩く際に、オトラクミュージシャンの移動中や演奏中の場、またオトラクの関係者の方々に遭遇する際に声を掛け合えることも、他にはないテンションだなと思います。

ということで、順を追ってレポートしていきたいと思います。

お時間の許す限りお付き合い頂ければ幸いです。
20161016syokunobunkasai100.JPG


本日は高槻で開催された「食の文化祭」に参加させて頂きました。

耳を傾けてくださいました皆様、ありがとうございました。


20161016syokunobunkasai101.jpg


雨が降るかもしれないと思っていましたが、幸いにもお天気に恵まれ、風も心地よく、まさにイベント日和の1日でした。

我々は会場の中でも一番奥にあるC会場というところで、お店が途切れて人も少ない感じでしたが、それでも遠くで聴いて下さっている方もいらして嬉しかったです。

今回も機材トラブル発生がありましたが、普段とは異なる感じで演奏させて頂きました。

今回のセットリストは以下の通りです。


20161016syokunobunkasai107.jpg


Isn't she lovely (Stevie Wonder)
When you're smiling (Mark Fisher/Joe Goodwin/Larry Shay)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
You've got a friend (Carole King)
Clare (Fairground Attraction)  
Perfect (Fairground Attraction)  
It don't mean a thing (Duke Ellington)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh & Dorothy Fields)


20161016syokunobunkasai104.jpg


演奏後はお隣りの会場で演奏のセッケンラブを聴きに行きました。

いつ聴いてもご機嫌なサウンド。


20161016syokunobunkasai105.JPG


聴くたびにアレンジが変わっているのではないかと思うのですが、同じ曲でもこんなにイメージが変わるものなんだなと、そのこだわりにすごいなぁと思います。


20161016syokunobunkasai106.jpg


とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

さて、来週は土日連荘です。

22日の土曜日は「伊丹オトラクな1日・伊丹まちなかバル」、そして23日の日曜日は「チャイムの鳴る森」。

いづれも非常に楽しいイベントです。

詳細は追ってお知らせいたします!

どうぞよろしくお願いいたします。

Jackeyでした。


20161016syokunobunkasai108.jpg
20160903伊丹郷町屋台村1001


9月3日は伊丹の郷町にある三軒寺広場で開催された「第11回伊丹郷町屋台村」で演奏させて頂きました。

会場は人と熱気であふれかえっていました。

伊丹、アツいです。

ご来場の皆様、そして耳を傾けて下さった皆様、本当にありがとうございました!

また、「伊丹郷町屋台村」の事務局の皆様、今回も貴重な機会をありがとうございました!

当日は天候が不安定で、我々が演奏する前くらいから雲行きが怪しくなり、結局雨が降ってきてしまいました。


20160903伊丹郷町屋台村1002.JPG


演奏中は雨であったり、普段起きないような機材トラブルがあったりと、ハプニング続きではありましたが、そんな中でも楽しんで下さっていた方も多く、救われました。

本当にありがたかったです。

そういった時間の関係で曲が少し減ってしまいましたが、セットリストは以下の通りです。


20160903伊丹郷町屋台村1003.JPG


Perfect (Fairground Attraction)
Eternal flame (The Bangles)
When you're smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
So bad (Paul McCartney)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20160903伊丹郷町屋台村1004.JPG
(伊丹のアイドル、ツキサケ!盛り上がってました!!)


20160903伊丹郷町屋台村1006.JPG
(この横に屋台がずらーっと並んでいます。本当に目移りしてしまうラインナップ!)


演奏後はセッケンラブのふじをちゃん、RTBののぶさんと共に、屋台村をエンジョイ。


20160903伊丹郷町屋台村1007.JPG
(初来場ののぶさん、ものすごくイイ!と楽しんでいらっしゃいました!)


Tomoさんからの差し入れを有難く頂きました。

いつも伊丹の美味しい差し入れ、ありがとうございます!!


20160903伊丹郷町屋台村1010.JPG


今回はクランツという伊丹のパン屋さんの「白いクリームパン」「白いアンパン」で、ふわふわのもっちりとした白い生地にクリームやあんが包まれていて、皆美味しい!の連発。


・・・・この屋台村の雰囲気、大好きです。

とても心地いいんです。

屋台の明かりが沢山集まって、屋台の皆さんの景気のいい掛け声も相まって、それらが夜空を明るく照らすさま。

来場者の、酒と肴を囲んで、仲間と語らう楽しそうな表情、そして雰囲気。

そんな中に自分も身を委ねることが、何とも居心地がいいのです。

言葉ではうまく伝わらないかもしれないですが、とても素敵な週末を過ごせる空間だと思います。

夏と冬の年2回開催ですので、本当におススメ、是非いらしてください。


皆様、ご来場ありがとうございました!!


20160903伊丹郷町屋台村1020.JPG
(”ほこ”の江本さんもご一緒に!)


さて、秋はお座敷目白押しです。

詳細が確定していないものもありますので、追ってお知らせさせて頂きます!

どうぞよろしくお願いします!!


Jackeyでした!!
20160625tuBUvol3 1001.JPG


6月25日は、café+zakka+gallery tuBUさんでワンマンライヴを開催させて頂きました。

当日は雨が降ったりやんだりの不安定なお天気の中、ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。


20160625tuBUvol3 1002.JPG


そしてcafé+zakka+gallery tuBUの味村ご夫妻、貴重な機会を与えて下さり、また色々なお心遣いも本当にありがとうございました。

今回で3度目となるtuBUさんでのお座敷ですが、tuBUさんを通じてその都度色々なお客様との輪を広げることが出来て、楽しい思い出と共に我々の心にしっかりと残せることが嬉しいです。


20160625tuBUvol3 1009.jpg


20160625tuBUvol3 1006.jpg
(演奏前に色々な鳴り物を選んで頂いて一緒に演奏に参加して頂いています。)


20160625tuBUvol3 1003.JPG
(今回のtuBUさんのSweetsその1。)


20160625tuBUvol3 1005.JPG
(今回のtuBUさんのSweetsその2。)


色々なイベントで演奏の機会を頂く際、その殆どは演奏時間に枠があり、演奏の合間にほんの少しだけMCというのが普段のスタイルですが、tuBUさんでのワンマンライヴは、2幕の幕間にお客様にお茶とお菓子をゆっくり楽しんで頂く時間があり、我々自身も演奏、そして演奏中のMCについても、曲紹介やバンド自体についてもゆったりとした間合いで進めることが出来てありがたいです。


20160625tuBUvol3 1008.JPG


今回は、我々がCocodriloを結成するきっかけにもなったFairground Attractionや、当日の2幕のセットリストについて興味をお持ち下さった方が多く、言葉ではうまく説明出来ないのですが、演者冥利に尽きるというか、こういうことって本当にバンドをやっていてよかったなと感じる瞬間でした。


20160625tuBUvol3 1010.JPG


また、幕間などはお客様が声をかけて下さって色々な話題になりすっかり話し込んでしまうなど・・・・

そういえば、英語の歌を歌う私が普段カラオケで日本語の歌がレパートリーあるかという問いについて、欧陽菲菲の「雨の御堂筋」と回答し、数ある中から何故この曲をチョイスしたのか自分でも意味不明でした・・

そんな感じで、 普段ではあまりない光景もこのイベントではありで、ココメン自体、心からリラックスして演奏することが出来て、ライヴ後の反省会や、帰り道の車の中は一同満面の笑顔になります。

tuBUさんが創り出すすべてのものを心地よいと感じる方が多くご来場下さって、我々も同じ気持ちで演奏させて頂くので、自然と会場に一体感が芽生え、あたたかい空気になり、また演奏前にこちらからお配りした鳴り物や手拍子などで、お客様も一緒にCocodriloのメンバーとして演奏に加勢、華を添えて下さるので、終始笑顔と楽しい雰囲気に包まれます。

そういえば最近は、“マイ鳴り物”を持参され、一緒に演奏を楽しもうと思って下さる方が増えて、むちゃくちゃ嬉しいです!

ということで、今回のセットリストは以下の通りです。


20160625tuBUvol3 1007.JPG


♪♪ 1幕目 ♪♪
Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You’ve got a friend (Carole King)
Material girl (Madonna)
Thank you baby (Godiego)
Clare (Fairground Attraction)

♪♪ 2幕目 ♪♪
Perfect (Fairground Attraction)
The moon is mine (Fairground Attraction)
So bad (Paul McCartney)
She (Charles Aznavour)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
encore
Sir Duke (Stevie Wonder)


20160625tuBUvol3 1014.JPG


片付けを終えて、味村ご夫妻とtuBUさんのSweetsを囲んで1日を振り返りました。

今回も本当に楽しかった・・・・・


20160625tuBUvol3 1013.JPG


今回、tuBUさんから来場者の方々、そしてココメンに、メッセージ付のtuBUさん特製クッキーのプレゼントを頂きました。

これが香ばしくて美味しい・・・・

今回の3回目のワンマンも2幕、無事に演奏させて頂くことが出来ました。

皆様、どうもありがとうございました!!


20160625tuBUvol3 1011.JPG


今後の予定はブログの左バーに順次告知、詳細は決定次第記事にUP致しますので、どうぞよろしくお願いいたします!

現在決定しているのは以下の通りです。

☆ Eastwest meets Cocodrilo Vol.4 ☆
平成28年11月12日(土)
於:長浜市 川崎や
出演:Eastwest / Cocodrilo

☆ いたみユニークソニック ☆
(伊丹野外音楽イベント)
平成28年11月19日(土)
於:伊丹市昆陽池

Jackeyでした。
20160625tuBU1001.jpg
(tuBUさんのSweets用にCocodriloフラッグを作ってみました。)


昨日はお天気が不安定な中、café+zakka+gallery tuBUさんでのワンマンライヴにご予約、ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

あたたかいお客様に恵まれ、終始笑顔と楽しい雰囲気に包まれ、2幕を無事に演奏させて頂くことが出来ました。

Cocodriloの演奏に合わせて、お客様やtuBUの味村ご夫妻が手拍子や鳴り物で一緒に会場を盛り上げて下さって、我々自身、本当に楽しくて、あぁ幸せだなぁと感じました。

お誘い下さったtuBUさん、そしてtuBUさんを通じて色々な方と素敵なご縁を頂けたことにメンバー一同、心より感謝しています。

幕間、幕後などに色々な方がメンバーにお声掛け下さってお話をさせて頂けたことも非常に嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

当日の模様は、追ってレポート記事をUP致しますので、もしよろしければまたブログをチェックして頂ければ幸いです。

今時の流れに乗っておらず、バンドの活動情報は、このバンドブログ「Cocodriloのココロノイロ」か、メンバーのブログ(Jackey「わにのにわ」タケシ「本日の一枚」)でしかリリースしておらず、FacebookやTwitterなども行っていないために、そういった意味でご不便をおかけするかもしれないのですが、またもしよろしければ時折、ブログを覗いて頂けると嬉しいです。

また色々な街でお会いできること、皆様の笑顔に出会えることを楽しみにしています。

本当にありがとうございました!!

取り急ぎ御礼まで。

Jackeyでした!!
20160522chin-yui-sodategusa1001.jpg


「伊丹オトラクな1日」の翌日は大和郡山!

郡山城で開催された現代工芸フェア「ちんゆいそだてぐさ2016」の2日目、5月22日に参加させて頂きました。

暑いお天気の中、演奏に耳を傾けてくださいました皆様、本当にありがとうございました。

また、「ちんゆいそだてぐさ」の事務局の皆様、大変お世話になりありがとうございました。

「ちんゆいそだてぐさ」は、金魚(ちんゆい)の街である大和郡山を舞台に、全国から審査を経て選ばれた現在活躍されている作家さんから、今後有望な若手の作家さんが集う工芸・クラフト作家のアートクラフトフェアで、 “手仕事”や“モノ作り”を身近に感じることをテーマとしたイベントだそうで、今回は人間国宝の北村昭斎氏の奈良漆器も特別企画展として開催されていました。


20160522chin-yui-sodategusa4001.JPG
(城址会館前のライヴ風景。)


20160522chin-yui-sodategusa4004.JPG


郡山城の中では作家ブース、ワークショップブース、飲食ブース、そしてライヴ会場など、色々なお店が所狭しと並んでいました。


20160522chin-yui-sodategusa5002.JPG


城址会館の前で2幕演奏させて頂きました。


当日は昨日の伊丹を上回る酷暑だったのですが、そこで暑さゆえのアクシデントが。

演奏を撮影していたビデオが、その温度上昇によりストップしてしまいました。


20160522chin-yui-sodategusa2002.JPG
(後方からのセッケンラブ。暑さはMAX。)


因みに同日参加されていたセッケンラブも、録画していたiPhoneが、同様の理由により作動しないというメッセージが出てきて、え、こんなこと本当にあるの??と一同驚愕でした。

ということで、当日のセットリストは以下の通りです。


20160522chin-yui-sodategusa1004.jpg


1幕目はFairground AttractionとEddi Readerを集めたセットリストで。

Perfect (Fairground Attraction)
My shining star (Eddi Reader)
Allelujah (Fairground Attraction)
The moon is mine (Fairground Attraction)
The wind knows my name (Fairground Attraction)


2幕目は軽快な曲を中心に。


20160522chin-yui-sodategusa1003.jpg


Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
So bad (Paul McCartney)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


色々な美味しい飲食もあり、ランチに生ハムのピザを。

もっちりしていてとても美味しかったです。


20160522chin-yui-sodategusa3002.JPG


ポットや急須が好きなので、色々な作家さんの作品を事前にチェックしていたのですが、これは!という素敵な作品を発見。

中尾心啓さんという生駒市の陶芸家で、サイトにUPされていた作品の中に、背の高い白っぽい急須にひと目惚れしたのですが、イベント当日は同タイプのダークな色目のものを出展されていましたのでこちらを買い求めました。


20160522chin-yui-sodategusa6002.JPG


帰宅後、そういえば、と、非常に似た色目の皿があることを思い出しました。


20160522chin-yui-sodategusa6003.JPG


これらはオーバル型の特大皿、大皿、小皿の3種で、これからは中尾さんの急須と主に食卓に並べると統一感がでていいなあと。

そういえば、私が持っているポットは白系、淡い薄緑系が多く、こういった色目のものはひとつもなかったので、こちらの方が良かったのかもしれません。


大和郡山、といえば、毎年クリスマスの時期に楽しみにしている、シュト―レンのお店、豆パン屋アポロさん。

イベント帰りにお邪魔して、喫茶で自家製ジンジャーソーダを頂きました。

本当に生き返った~、ごちそう様でした。


20160522chin-yui-sodategusa5006.JPG20160522chin-yui-sodategusa5007.JPG


パンも沢山ゲット出来ました、嬉しい!


20160522chin-yui-sodategusa6004.JPG
(昼間でもすごいと思った、真ん中に細い川が通っている道。運転はご安全に。)


ところで大和郡山の道、車を走らせていると、道の真ん中に柵なしの、非常に狭い川幅のラインがあって、これ、夜中など、道を知らない車が走ったら脱輪するんじゃないかというくらいの緊迫感でした。


ということで、5月のお座敷は無事終了しました。

色々な街で出逢った皆様、どうもありがとうございました。


そして6月のお座敷は2幕。

1つめは6月19日(日)の「芦原橋アップマーケット」。

JR芦原橋(環状線)駅を下車すると、合計3会場で展開されるこだわりのモノづくりとフード、そして音楽のお洒落なイベントです。

出展されているどのお店もセンスが光っています。

Cocodriloは13:30から演奏します。

ちなみに前回参加の際はこんな感じでした。  → コチラ


そして2つめは3度目となります、奈良の隠れ家的カフェ、cafe&zakka&gallery tuBUさんでのワンマンライヴです。

今回は「ムジークフェストなら」という奈良の街中が音楽で溢れる16日間のイベントの一環としてエントリーさせて頂くことが出来ました。

ムジークフェストなら公式サイトでの紹介内容はコチラ。 → コチラ

ご予約はメールかお電話でお願いします。
cafe&zakka&gallery tuBU
Email tubucafe@quartz.ocn.ne.jp
0742-93-3783

ちなみに前回の模様はこんな感じでした。 → コチラ


19日は大阪、そして25日は奈良です。

皆様の笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

Jackeyでした!


20160522chin-yui-sodategusa1005.JPG
(暑さでゆであがるココメン。ご来場ありがとうございました!!)
そして今回最後の会場は、バル参加店No.1 「洋食屋 ワイルドバンチ」。

以前、お店の中で演奏させて頂きました。


20160521otoraku5-1011.JPG
(すごく楽しかった~じゅんちゃんありがとう!!)


我々の演奏の後の時間枠が偶然セッケンラブで、早めにラブメンが駆けつけて下さり、ラブメンのカホニスト、じゅんちゃんからの提案で、Cocodrilo+セッケンラブの「LoveDrilo(ラブドリロ)」になりました。


20160521otoraku5-1013.JPG
(その足のん、なに?)


20160521otoraku5-1009.JPG
(撮影している先は・・・)


20160521otoraku5-1010.JPG
(ちびちゃんたち。)


20160521otoraku5-1014.JPG
(スイーツ仲間、SINさんとやっさん。SINさん写真ありがとうございました!)


20160521otoraku5-103.JPG


じゅんちゃんは全曲参加、そしてふじをちゃんは”Sir Duke”のカズー参加となり、非常に盛り上がりました。


20160521otoraku5-104.JPG
(Cocodrilo+セッケンラブの”Sir Duke"。)


20160521otoraku5-102.JPG


個人的には、演奏中にじゅんちゃんにアイコンタクトを送る際、最高の笑顔で返してくれたのが本当に嬉しかったです。


20160521otoraku5-105.JPG


セットリストは以下の通りです。

When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
Perfect (Fairground Attraction)
So bad (Paul McCartney)
Sir Duke (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


引き続き、セッケンラブの演奏スタート。


20160521otorakusekken102.JPG


少しづつ日も暮れていき・・・・


20160521otorakusekken103.JPG


セッケンラブの音楽が街に溶け込んで・・・・


20160521otorakusekken104.JPG


20160521otorakusekken105.JPG


伊丹の夜に吸い込まれていきました。


ということで、14回目のオトラク、試合終了。

そしてオトラクの打ち上げ会場へ。


20160521otoraku6-101.JPG
(オトラクな皆様、本当にお疲れ様でした!!)


20160521otoraku6-102.JPG


20160521otoraku6-103.JPG


ツキサケの元気くんやセッケンラブのラブメン、ココメン、そしてサポーターの皆さん。

色々な方とお話できて楽しかったです。

オトラクを通じて少しずつ、仲間が増えていくのも嬉しい瞬間です。

その後はほぼ恒例となったツキサケとの打ち上げ。

お互いのその日についての話を中心に、まったりと過ごしました。

毎回感じることですが、今回もやはり得ることが多く、同時に色々な反省すべきこともあり、バンドとしてそれらを反映させ、今後へと活かせるように精進したいと思います。

関係者の皆様、ご来場の皆様、そしてオトラクミュージシャンの皆様、とても貴重な機会を頂いたことに感謝致します。

もしまた演奏の機会を頂けるなら、次回は更にパワーアップしてお邪魔できたらと思います。

本当にありがとうございました。

このミラクルなイベント、「オトラクな1日」が今後も末永く続くことを心から祈っています。


20160521otoraku1-113.JPG
20160521otoraku1001.png


それでは当日の模様を振り返りたいと思います。

まずは1幕目。


20160521otoraku2-1011.JPG


バル参加店No.20 「旨し酒 風丹」で演奏させて頂きました。

個人的にはきっと暑いだろうと予想していたので、熱中症対策の為、大き目のつばの帽子を調達したわけですが、いくらつばが広くても、風が吹けばそれは全く意味をなさないことを痛感しました。


Perfect (Fairground Attraction)
So bad (Paul McCartney)
She (Charles Aznavour)
Isn’t she lovely (Stevie Wonder)

前回、いつもオトラクに遊びに来て下さるくるねこさん&ジジさんからリクエストを頂いていたので、“She”を演奏しました。

皆様ありがとうございました。


2幕目でお世話になったのは、バル参加 店No.24 「炙り魚串 野菜串 炙り家 ええねん 伊丹本店」でした。


20160521otoraku3-102.JPG
(直射日光が凄すぎて首がひりひり。)


こちらの会場で演奏の機会を頂くのは2度目。

前回、直射日光が凄すぎて、ココメン、クラクラになった覚えがありまして、今回は何とかしないとと思っていましたが、前回をはるかに超える日差しで、肌が痛くなるくらいでした。


20160521otoraku3-101.JPG


そんな中、多くの方が立ち止まって演奏を楽しんでくださいました。

But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
The wind knows my name (Fairground Attraction)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


20160521otoraku3-103.JPG
(みんな既に日焼け完了。)


ここで流石に休憩を入れようということになり、ええねんさんのすぐそばにある「イツモノトコロ」さんで、バルメニューのアフタヌーンティセットを頂きました。


20160521otoraku3-104.JPG


その後、三軒寺広場にあるオトラク本部に立ち寄り、しばし休憩を取りました。

ビールを喉元に落としたい気持ちを抑え(終演後までのお楽しみ)、ソフトドリンクでチャージ完了、ごちそう様でした!


3幕目はバル参加店No.73 「もんじゃ焼き 弓場」でした。


20160521otoraku4-101.JPG


20160521otoraku4-102.JPG
(スタンバイ中。)

今回はどの会場も軒先での演奏だったので、夏日の日差しを真正面から受けることが多く、更には風もあったことから、つば広の帽子がカパカパと上下して、まるでコントのような時もありました。


20160521otoraku4-103.JPG


20160521otoraku4-104.JPG


When you’re smiling (Mark Fisher / Joe Goodwin / Larry Shay)
You’ve got a friend (Carole King)
Perfect (Fairground Attraction)
Let it be (The Beatles)
So bad (Paul McCartney)

移動中のJT☆Starsさんも立ち止まって聴いて下さって嬉しかった・・
20160521otoraku1002.jpg


Jackeyです。

少しずつ夏へと近づいてまいりましたが、その前に梅雨がやってまいります。

くせ毛の人間にとっては厄介な季節でもありますが、なんとか快適にすごせるよう、基本襟足はすっきりすることで乗り切りたいと思います。

さて、先月は春のお座敷連投でした。

おかげさまで無事終了致しました。

色々な街でお会いできた皆様、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

色々なご縁を頂き、また次へとつなげていきたいと思います。


それではオトラクのレポートを。

5月21日(土)は、今回で14回目を迎えた関西の老舗バル、「伊丹まちなかバル」の共催音楽イベント、「伊丹オトラクな1日」に参加させて頂きました。


20160521otoraku1-116.JPG
(今回の「伊丹まちなかバル」のバルチケット。毎回イラストが激変!)


阪急・JR伊丹駅界隈の屋内外の会場で耳を傾けて下さった皆様、本当にありがとうございました。

特にこの日のお昼間は夏のような猛暑で、そんな中、お聴きくださって本当に感謝しています。

そして今回も色々な方にとてもお世話になりました。

まずは中脇大将率いる「伊丹オトラクな1日」の事務局、スタッフの皆様。

エリア班、まかない班、撮影班、本部チーム、いたみホール館長、職員の皆様、そしてオトラクサポーターなど、さまざまな役割の方が随分前から会議などで検討を重ね、オトラク当日、オトラクミュージシャンが色々な会場で円滑に演奏出来、なおかつ伊丹まちなかバルの来場者にも楽しんで頂けるような、細やかな配慮のおかげで無事終えることが出来ました。


20160521otoraku1-103.JPG
(オトラクの中枢、中脇氏率いる本部チーム。)


20160521otoraku1-104.JPG
(なりさん率いるエリア班。いてくださるととても心強いです。)


20160521otoraku1-105.JPG
(ハルさん率いるまかない班。いつも美味しいお食事ありがとうございます。)


20160521otoraku1-109.JPG />
(今回も大忙しの鹿嶋さん。指示と回転の速さは本当に脱帽ものです。)


20160521otoraku1-106.JPG
(いたみホール館長と中脇さんの後任の方。お世話になりました。)


20160521otoraku1-108.JPG
(撮影班の皆さん。色々な会場を飛び回ってくださいました。)


20160521otoraku1-110.JPG
(オトラクピクニック、梅園公園チームのみなさん。子供たちが遊ぶ中でのほのぼのオトラクです。)


20160521otoraku1-111.JPG
(ココメン+サポーターのちゃんもえ嬢+ツキサケ元気くん。)


20160521otoraku1-112.JPG
(行灯社のみなさんを撮影する中脇さんを撮影してみる。)


演奏させて頂きましたバル参加店の皆様、お忙しい中場所を提供して下さってありがとうございました。

そして今回Cocodriloに1日帯同して下さったオトラクサポーターの“ちゃんもえ”ちゃん、本当にありがとうございました。


20160521otoraku1-101.JPG
(150名程のオトラクミュージシャンがいたみホールに大集結、顔合わせが終わったらオトラクスタート!)


「伊丹オトラクな1日」は、その名の通り“オト=音”+“ラク=楽”で、音楽のイベントで、今回は約150名のオトラクミュージシャンが伊丹の屋内外の色々な会場で演奏しました。

表に見えるのは我々オトラクミュージシャンであっても、実際、色々な方が演奏の裏でサポートして下さっているからこそこの1日が無事過ごせるのであって、縁の下の力持ちである方々の力が1つでも欠けるとうまく進まないイベントだと常々思います。
そういった意味でも、本当にいつも感謝しています。

今回もそういった感謝の気持ちと共に参加させて頂きました。

では、当日を写真で追ってみたいと思います。

お時間の許す限りお付き合い頂ければ幸いです。


20160521otoraku1-115.JPG


いつもにっこり笑顔で迎えて下さるエリアマネージャーのなりさんの背中にたなびくオトラクのフラッグ。

これぞ「オトラク魂」!

素敵な1日のスタートです!
20160515rainbow1001.jpg


今日は、けいはんな記念公園で開催された「東日本大震災支援チャリティマーケット@レインボーママン」に出演させて頂きました。


ご来場下さいました皆様、そして会場で耳を傾けてくださいました皆様、どうもありがとうございました。


20160515rainbow1003.JPG


また、出店なさっていたお店の皆様、演奏の皆様、長丁場本当にお疲れ様でした。

そして毎回お声掛け下さるレインボーママンの事務局の皆様、本番当日はもとより、長期間に亘り色々とご尽力されましたこと、こんな素敵なイベントに参加させて頂けたことに心より感謝しています。

天候は夏のような日差しで、スタート時もかなり日差しがきつかったようで、ラストの我々の時に漸く少し日差しがかげるくらいでした。


20160515rainbow1005.JPG
(会社後輩のややこたち。かわいくてたまんない。)


会場であるけいはんな記念公園ですが、緑の中に色々な遊具もあり、多くのちびっこ達が楽しそうに遊んだり、のんびりとお店を見て回ったり、レジャーシートを敷いて、お店で買い求めた食べ物をほおばったり、野外ライヴを楽しんだりと、1つのイベントで世代によって色々な楽しみ方があるというのもすごくいいなぁと毎回感じます。


20160515rainbow1004.JPG
(スタンバイ中のココメン。)


そんな中で今回も演奏させて頂きました。


20160515rainbow1007.JPG


今回は、Cocodriloが4人だった頃によく演奏していた曲を久しぶりに登板させてみました。


20160515rainbow1011.JPG


“So Bad”と”She”です。

いずれも非常に好きな曲なのですが、久しぶりに登板させることが出来、個人的にはものすごく嬉しかったです。


20160515rainbow1009.JPG


ということで、今回のセットリストは以下の通りです。


20160515rainbow1008.JPG
(ちびっこも鳴り物でココドリロ。)


Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
The moon is mine (Fairground Attraction)
So bad (Paul McCartney)
Material girl (Madonna)
She (Charles Aznavour)
But not for me (George Gershwin and Ira Gershwin)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
Perfect (Fairground Attraction)


今回はタケシくんが前回まで使用していた大きなアコースティックベースからヴァイオリンベースにシフト。


20160515rainbow1006.JPG
(今後が楽しみなタケシくんの相棒。)


このバンドで個人的にベースに対する希望として、屋内屋外問わず色々な場所で演奏することを想定したサイズ感、また長丁場の移動にも耐えられる重量、ソロも取れるフレット数、曲によりジャンルも変わるのでそれらを柔軟に対応できる音色、そういった条件がCocodriloには必要で、実際、それらすべてを網羅したベースは恐らく今までにはなく(例えば、ソロには適しているが1日イベントには不向き、コンパクトで持ち運びも抜群だが、ソロを取るには物足りない、いい音色を出すがサイズが大きすぎるなど・・)、今回のヴァイオリンベース、今後が楽しみです。


20160515rainbow10122.JPG
(可愛いブローチありがとうございました!)


演奏後に、出店されていた方が、演奏を聴いて下さっていたようで、とてもかわいらしいバイオレットのブローチをプレゼントしてくださって、ありがとうございます!!


20160515rainbow10133.JPG
(ふじをちゃん夫妻から一心堂の色んな大福。ごちそうさまでした!)


ふじおちゃん、そしてよしかちゃん、写真ありがとうございました!!


さて、来週末の土日は連投となります。

いづれも1日のイベントで、21日(土)は「伊丹オトラクな1日・伊丹まちなかバル」のオトラクミュージシャンとして、伊丹界隈を流して回ります。

そして翌日の22日(日)は、大和郡山で開催の「ちんゆいそだてぐさ」に初参加させて頂きます。

伊丹、そして大和郡山でお会いできることを楽しみにしています。


20160515rainbow1014.JPG


Jackeyでした!