やっさんお誕生日

来週は、もう11月。

なんだか11月という気がしないのは私だけでしょうか。
学生の頃は、この時期になると、分厚いコートを着てお出かけしていた気がします。

さて、先週日曜日は、Cocodriloの練習の合間に、サプライズでやっさんの少し早いお誕生日のお祝いをしました。

ケーキ箱を大きな紙袋で隠して(隠したつもりが隠れていなかったと思います)スタジオ入り、そしていざ練習開始。

休憩時間はいつかなぁと歌いながら時計をちらりちらり。

あ、休憩の雰囲気!

午前10時のスイーツタイム。

フルーツたっぷりのタルトを食し、各自テンションアップで新曲に着手。

ということで、やっさんのバースデー記念の11月のCocodriloのお座敷のお知らせです。

来週の日曜日、11月1日(日)は、香里音楽フェスティバルへの出演が決まりました。
京阪香里園駅の周辺で行われる音楽のイベントです。
我々の出演は駅から徒歩3分の会場で18時から40分程度の演奏の予定です。

詳細は以下の通りです。

☆ 香里音楽フェスティバル2009 ☆
公式HP: http://kori-mf.com/index.php
日 時:  2009年11月1日(日) 18:00-18:40
会 場:  秋ビル(旧千代ビル)
      大阪府寝屋川市香里南之町30-26
      (京阪電車香里園駅から徒歩3分、セブンイレブンの西隣)

新曲を引き連れての登板となります。

皆様の笑顔にお会い出来ることを楽しみにしています。

Jackeyでした!!
... 続きを読む
やっさんが下の記事で告知してくださっていたように、10月17日は伊丹で開催されました、非常にゆるいノリの音楽イベント、「伊丹オトラクな一日」にお邪魔しました。

このイベントに気づいたのはつい最近。
ということで、既にお店などでの出演枠は決定していたのですが、屋外で、誰でも好きに色々音を出しても良いよというエリアがあるということで、音楽好きは楽器を持って集まってくださいという有岡公園(城跡公園)に向かいました。

この日、週間天気予報では、雨になったり曇りになったりと、コロコロと女子の心のように我々4人を惑わせていました。
しかし前日の天気予報で、曇りとなったので、よし、行こう!となったのですが、当日の出発前に恐ろしく大粒の豪雨が・・・・。

とりあえずは現地に集合して、もし雨が降ったら選曲会にしよう、ということで現地に集合。

楽団な皆さん0091017

既に楽団の皆さんが演奏なさっていました。
大きな大きな木の下で、大きな筒から出てくる音に興味津々な子供たち。

お弁当をほおばるご家族もいらっしゃいました。

心地よいしらべを聴きつつ、我々もセッティング。
しかし最初にセッティングした場所が・・・藪蚊が多くて、瞬時に6箇所刺された私は、演奏終了時には数十個咬まれていることを想像し、メンバーに場所替えをお願いしました。

草木が少ないエリアで再度セッティング。
そしてこんな感じで演奏は始まりました。
ノリは公開練習。

Coco20091017有岡公園

あれっ、あんなことろで演奏してるよ的な人々が、駅からの道すがらこちらを見てくださっていました。

3~4曲演奏した後、次はタケちゃんさんとNOBさんのユニットの演奏。

takechansan20091017

サイモン&ガーファンクルを演奏していらっしゃいましたが、そのハーモニーが非常に綺麗で聞き惚れていました。
とても素敵な演奏と歌声に、たまらずカホニストふじをちゃんが遠目でひそかにジョイント。
伊丹を中心に活動されているお二人で、またいつか共演させて頂きたいと思いました。
素敵な音楽をどうもありがとうございました!!

そういえばアクシデントが。
ふじをちゃんのカホン、Perfectを演奏した際、歌いだしの第一打のキックでボコッと板が破けました。

破壊の悲しみ20091017

せっかく張り替えたばっかりだったのに、ふじをちゃん、ちょっとしょんぼりモードでした。

しかしそんなふじをちゃんの胸のうちをよそに、コントのようなあまりのタイミングのよさに、私(達)泣きそうに笑いました。
ふじをちゃんごめんなさいぶたないでー。

そして雨がパラパラと降ってきました。
いつも準備万端のやっさんがアウトドア用タープを持参してくれたおかげで、機材セットごと、ささーっとカバー。

しばしタケちゃんさん達とお話をした後、公園を後にして、今度は反対側の大きな時計台の広場へ。

既に弾き語りの女子がライヴ中、そして女子二人がスタンバイ、でした。

弾き語りな女子20091017

非常に怪しい天気の下で、オリジナルの曲を披露する彼女達。
ルックスも歌声もかわいい女子でした。
結局この場所では彼女達と交代で演奏することになりました。

我々はこんな感じで。

coco2nd20091017

やっさんEC熱唱中。
我々は一体何曲くらい演奏したのか、恐らく5曲くらいだったように思いますが、特にセットリストを考えずに演奏したため、今回は記録がありません。

買い物に行く道すがら、自転車をとめて聴き入って下さった方々や、腰を据えて手拍子しながら聴いて下さっていた方々など、Cocodriloの演奏に耳を傾けて下さった伊丹の皆さん、どうもありがとうございました!!

演奏終了は弾き語り女子の演奏を楽しみつつ、おやつの時間。

アメリカンクッキー20091017

ふじをちゃんが買って来てくれた阪神香枦園駅のクッキーショップ「アンジー」のアメリカンタイプの大きなふんわりクッキーでお疲れさん。
ふんわりタイプのクッキーはあまり食べる機会がなかったのですが、こちら、とてもおいしかったです、因みに私はココナッツのクッキーを頂きましたが、ココナツの食感とクッキー生地のしっとり感が物凄くマッチしていました。
ふじをちゃんごちそうさまでした!

その後は天気がとにかくコロコロ変わりました。
ザザーッと雨が降ったり、やんだりを繰り返し、演奏中の女子は雨が降ると、マイクとアンプにシートをかけてしばし中断。
と、このパターンを何度も繰り返し、きがつくと日が暮れて辺りは暗くなってきました。

我々はもう一度演奏できるかなと待機していましたが、もはやタイムアップ、ということで撤収。

待ち時間は軽く選曲会をしたりして。
一人がメインを歌いだすと、他の3人が入って突然4声で歌いだしたり、あ、これいけるやん的に曲があれよあれよという間に決定。
ベースのタケシくん以外は基本別バンドでヴォーカルをつとめているので、こういうときにすぐハモれるというのは、個人的にはかなり心地よいです。

私はヴォーカルをしていますが、ヴォーカルというよりは、別の人がメインを歌っているところに自分の声を重ねていくことに楽しみを覚えます。
つまりはどちらかといえばコーラス向きの気性なのだと思います。

その後は雷を伴う豪雨へと突入。

お茶をして無事終了。

雨ふられ隊20091017

またどこかの街でみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

次のお座敷は11月1日(日)の香里音楽フェスティバルです!!





解散後のヒトコマ。

御座候フリーク20091017

誰よりも御座候を愛する男子、ここに一人。

一人で5個完食できるやっさん、誰よりもスイーツ男子です。


Jackeyでした!!
ココドリロは雨天中止可能性大です。
ごめんなさいm(-.-)m
でも他の室内イベントは楽しんでくださいね。
otoraku1

超ゆるゆるライブをします。
告知も超ゆるゆるです。
公開練習みたいな感じです。
これ以外もたくさんイベントありますよ〜
詳しくは↓リンクみてくださいm(-.-)m

伊丹オトラクな一日
”音あそび”でのココドリロ超ゆるゆるライブ
2009年10月17日(土曜)
だいたい午後1時から
だいたい2−3時間くらい
伊丹市有岡城史跡公園(JR伊丹前)

やっさん

otoraku2

cocodrilo20091011-1

10月11日は3連休の中日。
Cocodriloのお座敷2連荘の2日目は、大阪は御堂筋を歩行者天国にして開催された「御堂筋kappo2009」でした。

前日に開催されたおやこ文化祭もそうでしたが、11日の御堂筋kappo2009も絶好の秋晴れに恵まれました。

お忙しい中ライヴを聴きにお越し下さった皆様、通行中に興味をお持ち下さった皆様、差し入れを下さった皆様、3バンド連荘でお聴き下さった皆様、反省会までお付き合い下さった皆様、カメラ撮影、ビデオ撮影を快諾して下さった枝龍とやっさんのお嬢さん、そして貴重な機会を与えてくださった大阪府庁の都市魅力課をはじめとする御堂筋kappo2009の関係者の皆様、本当に、本当にありがとうございました。

交通規制は11時から。
大阪の大動脈、御堂筋を歩行者天国にするため、色々な立場の人が働いていました。

大型トラックステージ20091011
(トラックのステージ。この後色々なジャンルの演奏が。。)

沢山のブースで大阪の色々な名産などが紹介されたり、行進などがあったり、大型トラックの荷台をあけてのステージや、ビルの正面玄関でコンサートを行ったり、実質4時間の短い時間でしたが、昼過ぎには沢山の来場者で御堂筋が埋まりました。

行進の予行演習?20091011
(パレード前に集合)

かまぼこ祭20091011
(練り物大好き鰐まっしぐらのかまぼこ祭)

パレード20091011
(行進をする方々)

パレード2-20091011

双六200091011
(子供向けの双六)

さて、今回めったにないなぁという出来事が。
Cocodriloギタリストやっさんとベーシストのタケシくんが参加するSilver Beans、そしてCocodriloカホニストふじをちゃんが参加するミカンジル、そしてCocodriloという友達バンド3つが揃っての出場となりました。
個人的にはむちゃくちゃ嬉しかったです。
Silver Beansもミカンジルも大好きなので、2つのバンドの演奏を拝聴して楽しくテンションをあげることが出来るなんて、めったいないです。
しかも有難いことにSilver Beansとミカンジルは同じ会場、Cocodriloはそのお隣の会場と、3バンドをはしごして頂く方にも非常に便利な配置でした。

そういえば、3バンドの出演時間がうまく重ならなかったのは本当にラッキーだったのですが(実際重なっていたらどれかは欠場となるかのせいが高かったので)会場が隣接しているとはいえ、ミカンジルとCocodriloの演奏時間がひっついていて、ミカンジルの演奏が終わった後、ふじをちゃんが隣の会場でのCocodriloの演奏に間に合うように移動しなければいけなかったので、若干ばくちのようなものでしたが、幸いCocodriloでのふじをちゃんはカホニスト、バンド間のセッティング10分の間に徒歩2分くらいで移動完了そしてセッティングも終了。

ということで、時系列に御堂筋kappo2009を辿っていきます。

12:45から始まるSilver Beansのライヴの前に、他の色々なブースを見て回りました。

ハープ20091011

高槻JSパラダイス号20091011

毎年お世話になっている高槻ジャズストの、まいど御馴染み無料巡回バスの『パラダイス号』がやってきました。
高槻ジャズストと同様、車内ではバスガイドさん、そしてプレイヤーがいて、心地よいジャズを来場者に披露なさっていました。

文楽とおじさん20091011

そして文楽のブース。
恐らく会社を引退されたであろうくらいの年齢の大勢のカメラマンの方々が、人形を操る方に色々なポージングをリクエストして、少し動くたびに、ぐっとカメラが人形に寄っていくという熱気を後方から客観的に拝見しました。
所作がとても綺麗で、おじさま方もうっとりして撮影に夢中になるはずだと思いました。

1水陸両用0091011

一度、片町の辺で走行しているのを見かけたことがありますが、水陸両用の車が展示されていました。
ちょっと乗ってみたい・・・・と思いました。

そんな感じでぶらぶらと闊歩した後に、まず最初は街かどステージ①(京阪神不動産御堂筋ビル)で行われたSilver Beansのライヴ。

SB20091011-1

そう、今回の御堂筋kappo2009では、各バンドの演奏時間が20分と、あっという間に終わってしまうライヴでしたが、リーダーやっさんが既にSilver Beansのブログでそのときの模様をYoutubeにUPなさっていますので、そちらを是非是非ご覧下さい!

SB20091011-2

彼らはまず見た目がずるいくらい爽やかなのに、演奏する曲もこれまたクラプトン諸々と、やはり府の方もカメラ撮影にお見えになっていました。
秋晴れの中、清々しい風と共に清々しい気持ちにさせてくれました。
因みにベーシストタケシくんは、生まれて初めて両親に自分の演奏する姿を披露していました。
ご両親にはどのように映ったのでしょうか・・・・。
Silver Beansの皆さんお疲れ様でした!!

その後1時間ほど時間があいたので、またぶらぶらと闊歩。

CA391208

大阪府高齢者大学20091011

高齢者のための高齢者大学。
学生さん達がバルーンアートを作ったり、子供達に教えていらっしゃいました。
そういえば、私の祖母も、老人の大学に通っていました。
色々な芸事を学んでいたように思います。

そして2つ目はCocodriloカホニストのふじをちゃんが参加するミカンジル

ミカン20091011-1

本当はフルで楽しみたかったのですが、次の時間枠で隣の会場で出番ということもあり、最初の曲、「豆パン屋アポロの歌」だけ楽しみました。
道行く人々が(特にご年配の方々)が、何だか楽しそうな曲だなぁと、続々と近づいてくるという、ミカンジルの吸引力。

ミカン20091011ー2

キャッチーで、一度聴いたら忘れないというこの歌、大和郡山のパン屋さんのテーマソングで、ミカンジルさんが作詞作曲(お店の方はさぞかし喜んでいらっしゃるでしょうね~)、来場者のハートもしっかりキャッチしていました。
私もお邪魔したことがあるアポロさんですが、この曲を聴いて「行ってみようかな?」と感じた人はいるはず!!

ということで、泣く泣くミカンジルのライヴを後にして、お隣の会場である街かどコンサート②(あいおい損保御堂筋ビル)でお座敷のCocodriloのセッティングをしに急いだのでした。
Cocodriloの前の枠のJamFLYさんは、誰もが知っているポップスを演奏されていて、優しくてオシャレなバンドさんでした。
なんと我々のレパートリーでもあるFairground Attractionの“Perfect”を演奏なさっていて、この曲が好きな人、多いよなぁ、やっぱりいい曲だよなぁと実感しました。
来場者も秋の昼下がり、木陰で素敵な音楽を楽しんでいらっしゃいました。

KappoTシャツ20091011

そうそう、今回の御堂筋kappo2009では、スタッフの皆さんは背中にイメージキャラクターのkappoくんがプリントされた赤いTシャツをお召しになっていました。

cocoT20091011

さぁ、3つ目は我々Cocodriloです。
御堂筋で演奏できて、しかも我々のことを全く知らない方々が道行く中で、ひょっとしたら我々の演奏に耳を傾けて下さるかも知れないなんて、本当になかなか経験できることではないので、この機会を最大限に活かさないとと思うものの、持ち時間は20分しかないので、短い時間の中で、一期一会、たまたまその場を通り過ぎたという方にも楽しんで頂けるような曲をということで、レパートリーの中でも有名な以下のセットリストになりました。

1. Don't ask me why (Billy Joel)
2. Perfect (Fairground Attraction)
3. Nobody knows you when you'r down and out (Eric Clapton)
4. You've got a friend (Carole King)
5. You got it (Roy Orbison)

cocoF20091011

演奏し始めると、少しづつ、少しづつ、我々の演奏する前に、真横の人の並が長くなっていき、年齢層も若い方からご高齢の方まで、一緒に手拍子もして下さったり、うなずきながら楽しんで下さったりと、心の中では嬉しくて涙腺が緩んでいました。

cocodrilo20091011-3

音楽を続けていて、色々な方々に音の楽しさを知って頂けたらと思っている我々が、逆に、お客さんからは、笑顔のプレゼントを頂いている、そんな感覚でした。

インタビュー20091011

演奏後はMC担当の学生さん達との会話。ちょっとしたオチもあり、これもなかなかない機会だなぁと、楽しませて戴きました。
お世話になりましたディレクター、PAオペレーター、そしてMCの皆さん、本当にありがとうございました。

Cocodriloの次は、文楽を広めようと活動なさっている方々の登場。

好きやねん文楽20091011

ちょうど持参された文楽の人形は2キロ。
それでも軽いほうだと仰っていました。
その人形を腕をかなり高くあげた位置で1時間近く、舞台裏を走り回るような感じだと仰っていました。現在演者は高齢者が多いと仰っていましたが、あの姿勢であの重さに長時間。
相当スタミナがないと出来ないことだと感心しました。
興味深く見ていると、人形を持ってこちらにいらっしゃって、私も早速トライ。
・・脱帽、皆さん凄いです。

鰐文楽20091011

ちょうどレクチャーして下さったお姉さんが記念撮影に快諾して下さいました。

その後は16時までの残り少ない時間で、幾つかのブースを見て回りました。

その後、3バンドの打ち上げを堺筋本町の居酒屋で行いました。
日曜日の4時からって、ビジネス街でやっているところって本当にありません。
ありがたかったです。

東方神起の話で盛り上がったり、両ベーシストの下の名前が同じでしかも嗜好が似ていたり、また両ベーシスト夫人の下の名前と星座、血液型、興味を持つものも似ていたりとそんなことあるねんやという話などで盛り上がったりと、延々4時間を越える大反省会でした。

cocoな人々20091011

ということで、秋晴れの中行われた御堂筋kappo2009でのライヴは、無事終了しました。
皆様、本当にありがとうございました!!

次回Coccodriloのお座敷は11月1日、香里音楽フェスティバルです。

更に来春には大阪府庁本館での単独ライヴも開催予定です。
今後ともどうぞよろしくおねがいします!!

なお、当日の模様はベースタケシくんのブログ「本日の一枚」でもお楽しみいただけます。

Jackeyでした!!
大きな木の下で20091010この3連休のうち、2日はCocodriloのお座敷2連荘でした。

10月10日は爽やかな秋晴れの中、「なら国際映画祭」のプレイベントである「ならこども映画祭:おやこ文化祭」にてCocodrilo のお座敷をつとめてまいりました。

ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

以前、秋に奈良で行われるイベントに出演しませんかとお誘いくださったのは、4月のBee Craft Fairでお世話になった主催者のフタコブラクダさんでした。

当初詳細までお伺いしていなかったのですが、フタを開けてみると、来年開催されるなら国際映画祭のプレイベントとして今秋開催されるならこども映画祭と同時開催されるおやこ文化祭への出演依頼でした。
そんな大きなイベントだったなんて・・非常にありがたいお話、しかし果たして我々のようなものがお邪魔していいのだろうかと・・・・(汗)。

このおやこ文化祭は、普段木津川市のとある農園で、わくわくするような手作りのクラフトやスイーツ、フード等々のお店がところ狭しと並ぶ楽しいお祭り、Bee Craft Fairが今回農園から飛び出した形だそうで、ありがたいことにオファーを頂きました。
その名のとおり、こどものためのお祭りです。
こども映画祭にはイラストレーターの武内裕人さん、 NHKのななみちゃんや、過日Fuji Rock Festivalでも拝聴したUAさんも出演されていました。

そして出演するバンドは我々のみ。
しかもわりとしめの時間帯。
・・・・更に緊張。
しかし緊張の前に、あのBee Craft Fairでの楽しい楽しい風景が走馬灯のように脳裏によみがえり、楽しさのほうが勝ってしまいました。

そして当日、奈良入り。
イベントは奈良文化会館で「ならこども映画祭」が、そしてその前庭(といってもかなり広い敷地です)では「おやこ文化祭」のお店やワークショップなど、緑に囲まれながらちょこんちょこんとお店が並んで、これまたわくわくする風景でした。

自分も創作好きなので、Bee Craft Fairのように、色々な作り手の10本の指から創り出される子供たちのような愛情のこもった作品たちに出逢えるという機会、自分の五感がかなり触発されます。
作品も、そして作り手の方々も本当に輝いて見えます。

pananufwa20091010

4月のBee Craft Fairでの演奏会場を提供してくださった地球小屋tipiのぱなぬふぁさんのサンキャッチャーのブースにお邪魔すると大盛況でした。
今回、自分たちの時間配分が不明だったので、ワークショップは断念したのですが、サンキャッチャー、実はとても興味を持っています。
いつかゆっくりとお邪魔できるときにぜひぜひ宜しくお願いします、ぱなぬふぁさん!

le petit cafe 20091010

8月末にもお世話になったプティカフェさんでスイーツとジュースを。
あの可愛らしい寅さんかばんも登場。
可愛らしい佇まいに、可愛らしい女子が集まってきていました。
お話しているといつまでも話し込んでしまいそうな雰囲気でした、どうもありがとうございました!!
購入したスイーツは1日1個!と決めて頂くことにしました。
本日はくるみがのっかった、甘味と塩味がいいバランスのフィナンシェのようなもの(お名前失念ごめんなさい!!)、うまうまです。
またゆっくりプティカフェさんにお邪魔したくなりました。

ours20091010

そしてレジン作家、Oursさんのブースへ。
ふじをちゃんがよく胸につけている可愛らしいあのブローチの作家さんです。
色目や素材など、ご本人のセンスが光っています。
本当にちょっとした色のコントラストなど、すごいなぁって思います。
今回夢が叶い、イニシャル「J」のチョーカーをゲット。
Oursさんの作品もそうでしたが、Oursさんの出で立ちがすごくステキでした。
耳のものもほしかったのですが、イヤリングな私(涙)。

atelier sonoki20091010

そして4月の時も沢山ゲットしました、アトリエソノキさんのスイーツ。
既におなかの中にさよならしてしまいました。
おいしゅうございました。
ラムのきいたスイーツ、かなりつぼにはまりました。
プティカフェさんにしても、ソノキさんにしても、スイーツを作る方って本当に尊敬してしまいます。
男の料理的豪快スイーツを作る私は、どうして自分はこうなんだろうと(がさつだから仕方がない)。

techichi20091010

今日のお目当てのひとつであったベーグルのTechichiさん。
ブースの前まで行くと・・・「完売しました」・・・・
んなあほな・・・・・・前の晩からわくわくしていたのに・・・・・・。
次は絶対ゲットしてみせる!!
大人気です、Techichiさん。

oyamacafe20091010

お山カフェさんでは、ピタサンドを買うか、ケーキを買うか迷ったあげく、ケーキをゲット。後で「両方とも買っておけば・・・」。

その横ではかっこいいフォルムの椅子やさんが。

Tシャツ屋さんのBAGELさん。
今回鹿のデザインの入ったJというイニシャルのシャツを買いに行こうと思い、まずは一巡してきてからと思っていたらそのうちリハになり本番そして買う機会を逸する阿呆ここに一人。
それ以前に、ひょっとして大人サイズはなかったのか?私はまぬけ?

omen20091010

そして暫く進むと子供向けのお面のワークショップ「お面なのだー」さん。
勿論子供向けなので中年の私は参加不可ですが、子供たちの楽しそうなこと。

atelier zoo 20091010

手描き親子Tシャツと手描きロンパースのAtelier Zooさんでは親子の行列が・・・・。

さだぱんさんは既に完売(涙)。

boulangerie ASHさんの行列がおさまったと思い、並んでみたら、何と私の前の女性で売り切れ。「ほほほ、家族が4人おりますので・・」と仰って笑顔で残り4つをゲットされました。
仕方がない。私のすぐ後ろの女性は「お願いだから残しておいて~」と小さな声で仰っていましたが、願い届かず。
次回は必ず。

ブログで拝見している、移動古道具屋の恵古箱さん。
お姉さん方が楽しそうにごらんになっていました。
私もレトロなものにはかなり惹かれてしまいます。

先程まで長蛇の行列が出来ていたパパ・ド・ウルスさんの列がようやくが落ち着いてきたのでソーセージを。

4月のときに、美味しい美味しいと食べたテラコッタさんのクレープロールを食べたかったのですが、長蛇の列はいつまでもおさまらず断念。

Nicoさんでは可愛らしい手編みバタフライ型のヘアゴムをゲット。
とても小さな小さなホールケーキ(ちゃんとフルーツなどもトッピングされています)のついたヘアゴムもありました。
子育ての合間にパーツパーツを作っていくと仰っていました。
すばらしい・・・・。

・・という具合で、自分にお座敷がかかっていることをまるで忘れてしまうくらい、おやこ文化祭を楽しみました。
色々なブースで、ライヴを楽しみにしているよと仰ってくださる方が多く、本当にありがたいことだなぁと、じぃんときてしまいました。

フタコブラクダさん看板20091010

なんと我々のためにフタコブラクダさんが告知の看板を作ってくださいました(嬉しい!)、どうもありがとうございました!!

この日は時折風がびゅーっと吹いたので、風向きの影響で、会場の入口付近まで演奏が聴こえていたそうです。

セッティングをしていると、“このおっちゃんら、何してんねんやろう”という表情を浮かべるちびっこたち。
たまらずマイクで声を出して遊ぶちびっこも出てきました。
そりゃ気になるよねぇ・・・

プレゼント20091010

とあるちびっこが私に近づいてきて、どうしたのかなと思ったら、「がんばってね。」と小さなあおいどんぐりを2つくれました。

ちょっと泣きそうになりました。
ほんまにありがとうやで~
お礼にちびっ子向けの曲をプレゼントしたい気持ちになりました。

さて我々Cocodriloの出番です。

coco1 20091010

青空の下20091010

さてさて、我々の今回のお座敷の場は大きな木の下です。
目の前には背の高い木々が遠くに立ち並び、とてつもない開放感。
あまりの気持ちよさに大声でどこまででも声を出してみたい衝動に駆られました(勿論苦情がくるのでしていません)。

みんな笑顔

4人ともニコニコ顔です。

体育座り20091010

すると、どこからともなく、ちびっこが我々の前に体育座りをして演奏を聴いてくれました。
普段のお座敷で、こういった光景はまずありえないことで、みんな本当にお行儀よく聴いてくれているので、こちらも笑顔での演奏となりました。
その後方では大人や子連れの方々が聴いてくださって、こんな素敵な機会を与えてくださったみなさんに、あぁほんとに嬉しいですってその場で伝えたくなりました。

ふじをちゃん20091010

演奏終了後は楽器に興味津々のちびっこたちがやってきて、カホンを叩いたり。

ちびっこベーシスト20091010

ベースを触ったりと(ちびっことほぼ同じ長さです)、ほのぼのムードでした。

弦な二人20091010

弦なふたり。

演奏終了後とほぼ同時に、色々なブースも営業終了となり、それぞれの店主の方々がお集まりになり、フタコブラクダさんが最後のご挨拶をなさって、その後、出店者の方々にということで、再度我々に演奏の機会を与えてくださいました。

perfect20091010

リクエストはBee Craft Fairでは好評の“Perfect”。
気がついたら立って歌っていました。
こんな素敵な方々の仲間に我々は混ぜてもらえたんだなぁと、この曲を全員で楽しみながら深く何かが心に刻まれました。
その後、たまたま居合わせた外国人のお客さんからアンコールを頂きました。
メンバー一同、何にしようと考えあぐねていると、ぱなぬふぁさんから“You’ve got a friend”のリクエストが。
さすが。このイベントもこの曲のような気持ちでみなさんがつながっているのだなぁと改めて理解し、4人、心をこめて演奏させて頂きました。

なんといいますか、感無量でした。

4月に続き、今回も、こんな素晴らしいイベントにお誘い下さって我々は幸せもんです。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!!

Bee Craft Fair関係の皆様、そしてなら国際映画祭、ならこども映画祭の関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

今回のセットリストは以下の通りです。

1. Allelujah (Fairground Attraction)
2. Ol' 55 (Tom Waits)
3. Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
4. Only love can break your heart (Neil Young)
5. Thank you baby (GODIEGO)
6. You've got a friend (Carole King)
7. I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
8. 7 impossible days (Mr. BIG)
9. Perfect (Fairground Attraction)
10. Don't ask me why (Billy Joel)
11. You got it (Roy Orbison)

最後のおたのしみ(出店の方々向け)

1. Perfect (Fairground Attraction)
>> Encore
2. You’ve got a friend (Carole King)

今回のライヴ写真はらなおさん、そして色々な方々のブログから拝借致しました。
どうもありがとうございました!!

森のお弁当20091010

演奏後に、出演者用のごはんとして、月ヶ瀬・森の茶論さんの「森のお弁当」をご馳走になりました。
農薬や化学肥料は一切不使用の美味しいオーガニック弁当でした。
中身は黒米入り玄米ごはん、大豆のナゲット、かぼちゃのサラダ、小松菜のくるみあえ、ひじきのぺペロンチーノ、豆乳入りブラマンジェとでしたが、特に大豆のナゲットと、ひじきのぺペロンチーノが◎でした。
本当にありがとうございました!!

また奈良のみなさん、そしてBee Craft Fairのみなさんにお会いできることを楽しみにしています!!

いつもの20091010

Cocodriloベーシストのタケシくんのブログ、「本日の一枚」でも当日のレポートが記されていますのでそちらもごらんください!!

長いレポートにお付き合い下さってありがとうございました!!

Jackeyでした!!
20091004poster10月最初のCocodriloのお座敷は、高槻市で行われました「食の文化祭:高槻ジャズとグルメフェア」でした。

毎年秋に開催されていた「高槻ジャズ&アートの森」が、今年より「食の文化祭」とのコラボレーションで更ににぎやかなお祭りになりました。

5月の高槻ジャズストに出演させて頂いたことはありましたが、秋の陣は初参加で、いったいどのような雰囲気のお祭りなのだろうと想像していたのですが、非常にバランスよく作られているといいますか、食やクラフト、アートがあって、その中にこどもたちや音楽が溶け込んでいるというシチュエーションが、演奏をしている側からしてもとても居心地がよかったです。
それに来場者の多さを見て、地域とのつながりの深さを改めて知りました。

とってつけたような感じではなく、ごくごく自然な形で、人々の生活の中に音楽が溶け込んでいるというのがまさに私が理想としているライヴの形でして、今回はそれを絵に描いたような感じで非常に楽しかったです。

さて、先週の不安定なお天気が週末に影響しないようにと祈っていましたが、食の文化祭当日は、まるで真夏のようなうだる暑さでした。
しかし雨天の場合は中止だったので、お天気で本当に良かったです。

20091004artnomori
(こちらは城跡公園入口でその場で描いていらっしゃった絵。とても大きいです。)

この食の文化祭の会場は高槻市の市民グラウンド、そして城跡公園の会場で、フードはグラウンド、アートやクラフト、フリマは城跡公園で開催され、その中に演奏会場がちらばっているといった感じでした。

城跡公園演奏1
(同じ城跡公園の別の演奏会場はこんな感じでした)

Cocodriloは城跡公園の入口で演奏をさせて頂きました。

cocodrilo20091004

ライヴのためにわざわざお越し下さった皆様、そして道すがら立ち止まって聴いて下さった皆様、本当にありがとうございました。

直射日光を背に受けて、演奏中盤には熱中症で倒れるかもというくらいの勢いでしたが、何とか最後まで無事演奏させていただくことが出来ました。

幸い、お聴き下さっていたお客様の方向には大きな木陰があったので、お客様が暑さで・・ということはなく、見知らぬ方々が、我々の前に腰を落ち着けて演奏を最後まで聴いてくださいました。
ありがたいことに、結構な数の方々が足を止めて聴いていって下さいました。
こういった光景は、本当に縁者冥利につきるといいますか、幸せな光景です。

暑い中、我々の演奏に耳を傾けて下さった皆様、本当にありがとうございました。
「次も聴きに行くよ」と仰ってくださった方もいらして、ものすごく励みになりました、本当にありがとうございました。

cocodrilo20091004-2

10月の残り2つのお座敷も頑張りたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

さて、本番では、歌以外にも演奏時間を読み違えて次のバンドさんに少しご迷惑をおかけしてしまったりと、反省すべき点がございました。
次回は気をつけたいと思います。

さて、今回のセットリストは以下の通りです。

 食の文化祭~高槻ジャズとグルメフェア   

20091004coco 1. Don't ask me why (Billy Joel)
 2. You've got a friend (Carole King)
 3. Nobody knows you when you're down and out
   (Eric Clapton)
 4. Ol' 55 (Tom Waits)
 5. Seven impossible days (Mr. BIG)
 6. Only love can break your heart (Neil Young)
 7. Perfect (Fairground Attraction)
 8. Allelujah (Fairground Attraction)
 9. You got it (Roy Orbison) 

演奏後にパチリ。
いつものふじをちゃん撮影ではなく、今回はがみぃさん撮影版。
がみぃさんありがとうございました!!
よく見ると、皆服装に何かしら秋色を取り入れておりました。
申し合わせたつもりはないのに驚きました。

さて、ふじをちゃんはCocodriloライヴ後、プティカフェさんで夕方開演のASHさんのライヴへと飛んでいき、残り3名は演奏時に受けた直射日光をいったんリセットすべく、カフェへ。

20091004sweets

やっさん(奥のスイーツ)は和のアイスてんこ盛り、私(手前)は抹茶パフェ、そしてタケシくんはクリームソーダをオーダー。
軽くスイーツで反省会(打ちあがり)をしました。

駅でやっさんとバイバイしてから、再度市民グラウンドで食を堪能、そしてアートの森で演奏とアート、クラフトを楽しみました。

ローラの森の鰐
こちらはローラの森さんの木のクラフト。
鰐に車輪がついています。

ご自身がバーニーズマウンテンを飼っていらっしゃるようで、色々なわんちゃんの顔の携帯ストラップや、動物の置物を販売なさっていました。

私は鰐を見つけ、興味深々。

ご主人方に声をかけられ、「実は鰐という名前のバンドを組んでおりまして、先ほど公園の入口で演奏しておりました」と説明する私。

すると、ご主人が「さっき聴きにいってましたよ」とリプライ。
こういうことって凄く嬉しいです。

それで、Cocodriloというバンド名はスペイン語の鰐をさすのですなどと説明したりして。

20091004wanihanko

そして、遊印刻師の邦庵さんに石印で「鰐」の文字を彫って頂きました。
すらすらと見本を筆で描いてくださったものを見ると、非常に遊び心のある楽しげな書体。
即決。
画像はぼけていますが、かなりのお気に入りです。

ということで、食の文化祭、大人から子供まで楽しめる素敵なイベントでした。

また機会があれば、ぜひ来年もあの場で演奏する機会を与えて頂けたらなぁと・・・あつかましくも思いました。

さあ、今週末はなら国際映画祭プレイベント、御堂筋kappoと、2つのお座敷がスタンバイです。

いづれも屋外という開放感溢れた会場での演奏。
わくわくしてしまいます。

皆様の笑顔にお会いできるのを、心より楽しみにしています。


Jackeyでした。