上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月の中旬に、こちらにお邪魔しました。

ブログの左の帯にライヴ情報をUPしていますが、来年の2月21日に、大阪府庁の本館正面玄関で、Cocodriloの単独コンサートを行わせて頂くことになり、都市魅力創造局文化課文化振興グループの担当の方との打ち合わせでした。

大阪府庁の本館は日本でも最古の官庁。
そのつくりは大理石をふんだんに使った重厚かつ深みのある空間です。

20091111.ひょうたんから独楽3

音響的に素晴らしいといわれているものの、そういった芸術的用途に使用されたことはこれまで殆どなかったそうです。
それで、今年、大阪府庁はこの本館正面玄関を活用しようという事業を立ち上げ、一般に公募されました。

私はたまたまその模様をニュースで、やっさんは新聞でその内容を知り、まずだめだろうなぁと思いながらも応募してみました。
結果、ラッキーなことに出演が決定しました。

今年はCocodriloを含めた合計7団体が、その大阪府庁本館正面玄関でのイベントを開催します。
他の団体は、能楽会の方々であったり、日本のこぎり音楽協会の方々であったり、金管総勢40名の団体であったり・・・。
10名~40名と、出演者も多勢の団体さんばかりでして、我々のような、4名というちょこんとした団体さんはいらっしゃいません。

昨日打ち合わせで現場を訪れて、本当に我々も演奏できるのだとようやく実感した次第です。

20091111.ひょうたんから独楽

正面玄関の重厚な扉。

中の見事な大理石の建築、こんな場所で演奏出来るのだと、ぽぉっとなりました。

そしてリバーブいらずの会場。
我々の演奏がどういう感じで館内に響くのか、わくわくします。

いかようにもステージをセッティング出来るので、階段を客席として利用し、我々演者はお客さんに見下ろして頂くような形で演奏を行うことにしました。

20091111.ひょうたんから独楽4.

本当にうっとりするようなつくりで、色々と撮影したかったのですが、夜間ということもあり、照明が殆ど落ちていて断念。

立ち話で色々と打合せをしていると、階段の上から、橋本知事が登場。
うわ~ホンモノ!!
本当にこの中でお仕事されているのだなぁと・・・・。

なかなかこういった会場で演奏する機会などやってくることはないので、個人的にはかなりテンションがあがっています。
ただ、開催が2月ということと、休館日は空調は一切オフということで、かなり寒さが厳しいらしく、既に12月に公演を予定している団体のフライヤーを見せて頂くと、“温かい格好で、座布団などをご用意下さい”といったコメントがありました。
確かに・・・大理石の階段に1時間、2月の激寒の中座っているというのはお尻が冷えてしまいます。
バンドでもカイロを配布したり、電気ストーブを置いてみたりと色々と対策を考えてみるつもりです。

ということで、Cocodriloの一大イベントです。

当日は日曜日ということで、府庁は休館日。
正面玄関周辺は完全な貸切となります。

普段なかなか見る機会のない府庁正面玄関ホールは、撮影も許可を頂いていますので、レトロな建築物をばんばん写真におさめるもよし、日曜の昼下がりにCocodriloの音楽に耳を傾けるもよし、真ん前にそびえる大阪城に足をのばして早咲きの梅をみるのもよし、ということで、是非是非、皆様のお越しをお待ちしています。

もちろん入場無料です。

車椅子の方も気軽にお越し頂けるように、当日は階段横の機械を稼動して頂くことになりました。

普段コンサート会場やライヴハウスなどで音楽に触れる機会がないお子さん連れのご家族やご年配の方々も、こういった機会に是非お気軽にお立ち寄りください。

スポンサーサイト
11月1日は、「大阪ミュージアム構想」にも登録されている、香里音楽フェスティバルCocodriloのお座敷をつとめてまいりました。

今年で6年目となる香里音楽フェスティバルに初参戦。
香里園の駅周辺の色々な会場で、色々なジャンルの演奏が楽しめるというイベント。

しかし当日はあいにくの雨。
といいますか、雨、を通り越して、集中豪雨なのかというくらいの厳しい雨模様でした。

そんな中、わざわざお越し下さった方、ふらっと立ち寄って下さった方、そして会場スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

会場は、香里園の商店街の中にあり、真ん前には商店が立ち並んでいましたが、お店の方もお仕事の合間、聴いてくださっていたようで、そのお姿を遠めに拝見できたのも、また嬉しい事実でした。
みなさまどうもありがとうございました。

2009110101

我々の出番の前に出演されていた某大学のニューオリンズジャズのグループ、若いのにしっかりとしたタイトな演奏で、会場の皆さんも非常に楽しんでいらっしゃいました。

そしてその会場のトリをつとめたのが我々でした。

20091101setting
(サウンドチェック中)

会場はビルの1Fで、未改装のコンクリートのうちっぱなしの空間にライトが立てられ、赤絨毯の上に機材がセッティングされたような感じで、非常に面白い空間での演奏でした。

ライヴの最中、熱心に耳を傾けてくださった方がいらして、ライヴ後に我々のところまでお越し下さって色々とお話をさせて頂いたところ、旦那様がジャズプレイヤーということで、この日のフェスも色々な会場で音楽を楽しんでこられた様子でした。

その女性がお持ちだったしわくちゃになったフェスのプログラム(色々なところを回ってこられた証だと思いました)を拝見し、沢山のミュージシャンの演奏の中で、わざわざお越し下さったことに本当に嬉しくなりました。

その女性から「握手してちょうだい。」とリクエストを頂き、恐縮。
我々の演奏を楽しんで下さったのかな、と、感謝の気持ちが伝わるように掌を交わしました。

ご存知の通り、我々は技術的に甘いところが多々ありますが、我々を全く知らない、そして演奏する音楽についてもご存知ない方でも、楽しかった、和んだと思って下さる方がその場に1人でもいらっしゃったら、それは我々にとって何物にも変えがたい幸せだと思います。
演奏者冥利に尽きます。

これからも色々な街角で、色々な人の心に届くような音楽を届けていきたいと思います。

どうもありがとうございました!!

ということで、今回のセットリストはこちら。
今回は新曲2曲が登板。
やっさんVoのビートルズの"Girl"、そして私のVoではNeil Youngの”Tell me why"でした。

 香里音楽フェスティバル  

1 Don’t ask me why (Billy Joel)
2 Only love can break your heart (Neil Young)
3 You’ve got a friend (Carole King)
4 Girl (The Beatles)
5 Ol’55 (Tom Waits)
6 Tell me why (Neil Young)
7 Allelujah (Fairground Attraction)
8 Perfect (Fairground Attraction)


反省会(打ち上げ)は居酒屋で。

横でしめているギタリストのお品。
ものすごいパフェ。
”みんな食べないの?”的な表情を浮かべつつ満面の笑みのギタリスト。

20091101しめのスイーツ

・・・・・・師匠、ついてゆきます。

ベーシスト、タケシくんのブログ「本日の一枚」にも当日の模様が記されていますのでこちらもどうぞ~!!

Jackeyでした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。