20161022 15thotoraku705.JPG


大勢のオトラクミュージシャンとサポーターが各々の演奏を終え、打ち上げ会場に続々と集合します。

我々はだいたいいつも奥手に座って打ち上げを楽しんでいます。


20161022 15thotoraku706.JPG


回を重ねると、それだけ輪も広がっていくのだなと感じます。

お世話になったサポーターの方も、どんどん増えて、そのたびに言葉を交わす人の数も増えていきます。

色々な関係者の方々と、オトラクを通じて知り合うことが出来、この打ち上げの時に色々なお話もできて、それ以降は再会のたびに酒を交わすことが出来たりして、これも非常に嬉しいことだなと感じます。

また、オトラクや伊丹まちなかバルで知り合った方々と、別のイベントなどでもご一緒できたりすることもあり、更に輪が広がっていきます。

毎回、貴重なご縁に感謝です。


20161022 15thotoraku708.JPG


そしてラストは恒例のツキサケとのツーマン打ち上げ@ほこ。


20161022 15thotoraku707.JPG


今回はサポーターのじゅーちゃんも交えて打ちあがりました。

この伊丹オトラクな1日の最後に、ツキサケと酒を交しつつ1日を振り返ることがいつからかこのイベントの〆となり、もう当たり前のようになっていて、互いに楽しみにしています。

毎回、このオトラクについて同じようなことを書いているような気もしますが、言い換えれば、毎回同じ温度のテンションや楽しさがこのイベントにはあるのだと、もう15回目になるけれど、それって本当に凄いのではないか、と、つくづく感じます。

毎回色々な工夫を凝らして、色々な立場の人が楽しめるイベントにしようというオトラク関係者の方々の全力の心意気。

そしてそんな気持ちが強く伝わってくるからこそ、オトラクミュージシャンも色々な会場で色々な人に楽しんでもらおうと演奏する。

お互いがお互いにいい方向に作用している気がします。

我々がこのオトラクを身体中で楽しんでいる姿が、演奏を通じて色々な方の目に留まったり、耳に届いたらいいな、と思います。

末永く、このミラクルなイベントが続きますように。

そして我々も末永くオトラクミュージシャンでいれることを祈ってます。

皆様本当にありがとうございました!!

オトラク最高です。

そしてそんなオトラクを生んだ街、伊丹、最高です。


20161022 15thotoraku301.JPG
(皆様、ほんとうにありがとうございました!!)


最後に、1日サポーターとしてずっと我々について下さったじゅーちゃん、本当にお疲れ様でした!!

沢山写真も撮影して下さってむちゃくちゃ感激です、ありがとう~!!

レポートを最後までお読み下さってありがとうございました!!

Jackeyでした!!

Secret

TrackBackURL
→http://acusticacocodrilo.blog45.fc2.com/tb.php/342-0e7dab5a