日曜日は伊丹はTomorrowで行われた伊丹Woodstock化計画というイベントに参加させて頂きました。

Tomorrowさんでの演奏は半年振り。
Cocodriloを結成して11回目のお座敷で、初めての同じ会場に戻りました。

出演者はSong Shopひろさん、吟遊詩人さん、ペリカンさん、そしてNOB&TAKEのお二人という、伊丹を中心として活動するミュージシャンの方々でした。

10月の「伊丹音ラクな一日」の際に、たまたま同じ場所で演奏させて頂いたことがご縁で親しくさせて頂いたNOB&TAKEのTAKEさんが、伊丹で色々なバンドを集めて洋楽カヴァーのイベントにしようということで、今回のイベントとなったそうです。
ありがたいことに我々にも声をかけて下さいました。
イベントに関して色々ととりまとめを行ってくださったTAKEさん、どうもありがとうございました!

我々にとっては、伊丹のミュージシャンの方々と交流を持つのは初めてで、今回のイベントで、また新しいご縁を頂くことになりました。

さて、順にライヴを振り返ってみます。

Song Shop ひろさん.JPG

この日夕方から別のイベントでライヴのご予定であった為、トップの出番となったSong Shopひろさん。

一度聴いたら忘れられない説得力のある歌声で、この日は素敵なオリジナルの曲と邦楽・洋楽を披露されました。
「伝えるために」というオリジナル曲がとても素敵でした。

イーグルスの”Desperado”、切なくなりました。
もう長いことSmileでは演奏していませんが、ひろさんの歌声、いい曲だなぁと改めてじぃんときました。


そんな凄い方の後で演奏するなんて・・というプレッシャーをしょいこんで、2番目はCocodrilo。

凄いミュージシャンの方々が我々の演奏を至近距離からじーっと穴が開くくらいご覧になっていて、氷のようにオブジェ化する鰐。

”Thank you baby”では緊張がピークに達して呼吸がおぼつかない状況に。
メンバーにひたすら平謝り。

個人的には散々な出来でした、次へとつなげたいと思います。
セットリストは以下の通りです。

Perfect (Fairground Attraction)
Only love can break your heart (Neil Young)
Ol’ 55 (Tom Waits)
Don’t ask me why (Billy Joel)
Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
Thanky you baby (Godiego)
You’ve got a friend (Carole King)

吟遊詩人さん.JPG

3番目はガロをメインにカヴァーされている、吟遊詩人のお二人。

私、ガロをカヴァーされている方々に今回初めてお会いし、ガロの独特の世界を初めて体験し、ガロついて少しだけ勉強させて頂きました。
お二人の声とギターが綺麗に重なって前のめりで拝聴していました。

サプライズは、メンバーの方のご友人で、プロとして第一線で活躍されている鍵盤の方が、たまたまオフ日でたまたま伊丹近くにいらしたということで演奏に飛び入りされたことでしょうか。
その瞬間、会場の空気がガラッと変わりました。

洋楽では”Open Arms”を披露されていました。
やっぱりJourney万歳!


ペリカンさん.JPG

そして4番目は井上陽水をメインにカヴァーされているペリカンのお三方。
ギター、ピアノ、カホン、そしてヴォーカルという編成の皆さんで、ギター&ヴォーカルの方の特に高音が心に響きました。

陽水さんにどんぴしゃ。

久し振りに『傘がない』が聴けて嬉しかったです。
ペリカンさんの演奏にぐぐっと引き込まれてしまいました。
あの曲大好きです。
昔、スガシカオが初期の頃にラジオで弾き語りされていて、凄く良かったなぁと思い出しました。

カホンの方のアイテム、ウインドチャイム、それにもうひとつ、初めて見たのですが、小さなウインドチャイムのようなもので、片手で挟みこんで非常に高い音を一音出す楽器に興味津々でした。

洋楽カヴァーはジョン・レノンの“Happy Xmas”。
あぁ、もうすぐクリスマスなんだなぁと感じました。

NOB&TAKEさん.JPG

そしてトリはS&GをカヴァーされているNOB&TAKEのお二人。

伊丹音ラクな一日でお会いした時にも、NOBさんのギターにお二人の声の重なりの爽やかさに圧倒されたのですが、今回また拝聴できるので楽しみにしていました。

“Mrs.Robinson”や”America”、”The Boxer”や “The Sound of Silence”などを披露されて、お二人の息もばっちりで、聴き入ってしまいました。


我々を除く出演者の方々のレベルの高さに、緊張も伴い、Cocodriloあっぷあっぷでした。


イベント後は近くの串カツ屋さんで打ち上げ。
残念ながらふじをちゃんは参加できず。

ここではNOBさんとペリカンのVo&Gさんと同席させて頂き、それこそギター(クラシックからHMまで)からパフェや御座候の話まで、さまざまな話題に花が咲きました。

やっさんとNOBさんに意外な共通点があったことも判明。

皆さんと手も気さくな方々ばかりで、楽しい夜は更けていきました。

今回ご一緒させて頂きましたミュージシャンの皆様、お疲れ様でした、そして素敵な音楽をありがとうございました。
今回のイベントで、またご縁が広がり、とても嬉しいです。

また、このような機会があることを祈ってます。

20091206打ち上げ.JPG

打ち上げの最後まで残っていた皆さんで携帯ぱちり。

ベースタケシくんの「本日の一枚」でもライヴの模様をUPしていますので、そちらもご覧下さい!!


Jackeyでした!!

Secret

TrackBackURL
→http://acusticacocodrilo.blog45.fc2.com/tb.php/42-cf6e83c5