20010221coco111

大阪府庁本館正面玄関前。
晴天なり。 

20100221Cocodrilo看板

フタコブラクダさんに作っていただいたCocodriloの看板。

2月21日は、ブログでも告知していました通り、大阪府庁本館の活用事業イベントである「ひょうたんから独楽劇場」に、Cocodriloとしてワンマンのコンサートを開催させて頂きました。

20100221Cocodrilo4人

歴史的建造物の荘厳な雰囲気の中で演奏できる機会などまずないであろうということで、このイベントに既に出演されていたほかの団体様は、シャンソンの団体さんであったり、能楽の団体さんであったり、のこぎりのオーケストラさんであったり、全国制覇している高校の軽音楽部さんであったり、錚々たる出演者の方々の中、4人組の我々のようなアコースティックバンドに今回、出演の切符を下さった大阪府庁の都市魅力創造局文化課のみなさまに、この場で改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
本当に貴重な機会を与えて下さってありがとうございました。

20100221カウンター

そして、当日はメンバーが驚くくらい、沢山のお客様がご来場下さいまして、我々、ワンマンのコンサートだったのですが、入場者の最終的なカウンターがはじきだしたのはなんと「142」という数字でした(私が最後に間違えて1つぽちっと押してしまい143になっています・・嗚呼)。
満員御礼。
本当にありがとうございました!!

20010221coco115

このイベントへん出演が決定してから、色々なお座敷で告知やフライヤーを配布してきたこと、そしてABCラジオでも取り上げていただいたこと、知り合いの方々がブログでコンサートについて記事をUPしてくださったこと、それから梅の花を観賞しに大阪城にいらした方が興味を持ってくださって府庁まで足を運んでくださったことなど。

そして、直前まで入院されていた音楽仲間や、体調が万全でなかった同僚、転勤で週末も忙しくなさっている先輩、休日出勤が続いていて日々忙しく暮らしている従兄弟など、当初お見えになることになっていなかった方々が会場に駆けつけてくださって、歌っている時に気づき、思わず「あ!!」という表情を何度も浮かべてしまいました。
そのたびに元気の素をぽいっと口に放り込まれたような気分でした。

20100221Cocodriloふじを

そういったかんじで、色々な方が我々に興味を持ってくださいました。
正直、涙が出そうなくらい嬉しかったです。

20010221coco117

アンコールまで頂き、お客さんと一緒に楽しんだ“Perfect”は本当に忘れられません。
大阪府庁本館の正面玄関ロビーという空間、そしてご来場下さった多くのお客様のおかげで、Cocodriloの4人はあたたかい空気に包まれながら演奏させて頂く事が出来ました。
本当に、本当に有難うございました。

20100221Cocodrilo1


さて、話はライヴ当日までの出来事に戻ります。

私は2月13日にSmile in a whisperで、ジョイントライヴに出演していました。
その数日前から喉に違和感があるとは感じていましたが、当日に、これは何かしら患っていると理解し、本番は若干セーブ気味に歌い、何とか最後まで無事に歌うことが出来ました。

問題はそれからでした。
喉の痛みが酷くなり、鏡をのぞいてみると、大きな白いものが扁桃腺に出来ています。
耳鼻科に行き、膿を出してもらいました。
その頃には見事なおっさん声というか、発声すららろくに出来ない状態になり、唇の両端が見事に裂けました、いわゆる口角炎というものです。
つまりは口を開けるごとに裂けて痛みが走って治らない、ということで、1週間後には大阪府庁での大きなワンマンコンサートを控えているので、とにかくこの1週間で何とか治しきらないと・・
ということで、日々マスク、そして話すことも極力おさえ、口の裂け目も早く治るようにとビタミンもたんととり、21日まではばくちのような気分で日々過ごしました。

そんな中、弟分のむねぞうがやってきて、声の出ない私に「きんかん食べる?」というメモを渡してきました。
実家で貰ったという金柑を甘く煮たものを持ってきてくれました。
その心遣いにじぃんときました。
色々と心配かけてごめんやでーと思いました。
むねぞうのハニーの手書きのメッセージもついていて、愛を貰いました。
それから毎日ちょこっとづつ金柑を食べて、喉を労わりました。
去年、この府庁の話が決まり、むねぞうに知らせた時、まるで自分のことのように喜んでくれました。その時の表情、本当に嬉しかったです。

そして20日の前日練習。
何とか声は出るようになりました、本当にほっとしました。
しかし口の裂傷が完治していないので、歌うごとに裂けていくのを感じて、ちょっとびびりながら最終調整をしていました。

そんな中、若干のアレンジ替えを相談しながら演奏していると、ベースタケシくんの愛器が不穏な表情を見せました。
本番前日にGodinのフレットレスの中の回路が断線してしまいました・・・・OMG。
使い始めて15年ほどたつというフレットレス、電池交換のたびに箱を開けて閉めての作業を繰り返すので、その際に断線したのではないかということでした。

だめもとで、スタジオのオーナーにハンダゴテやら工具がないですかと尋ねると、色々なものを貸してくださいました。
本当に感謝です!
そしてリペア。

20100220ベースリペア1

残るココメン3人、そしてリペアでしゅーと煙を出しながらのタケシくんでコーラスなどの確認作業。
ちょっと異様な光景でした。
スタジオではんだの作業をする人を初めて見ました。

20100220ベースリペア2

しかしそれでも治らないということで、オーナーに紹介して頂いたリペアのショップへ。
幸い致命傷には至らなかったようですぐに治して頂きました。
スタジオのオーナーの迅速な対応に本当に感謝します。
しかしこれが21日当日だったらと考えると・・
不幸中の幸いというか、前日のトラブルで、本当についていたと思います。

練習の合間は蓬餅七分づきで疲れを取り、4時間+昼食+2時間のスタジオが、結局最初の4時間は部分練習となり、後半の2時間のみ全体練習を行いました。

その後、スタジオ界隈にある神社で、明日は何とかトラブルもなく無事に終えることが出来ますようにとお祈りをしに行きました。

その後は印刷工房に行き、翌日のプログラムを100部印刷しました。

20100221フライヤー1.JPG

実はメンバーが把握していた、各メンバーの関係者でご来場下さるお客様のトータルは40でした。
これまでに色々なイベントで告知をしてきたこと、そしてABCラジオでもライヴの一件を取り上げてくださったこと、それから府庁サイドでも色々なところにアクションを起こしてくださったことも考慮し、多いかなとは思いながらも100部にしました。

20100221フライヤー2.JPG

これが最終的には不足して、府庁で増刷することになるとは予想もしていませんでした。


さて本番当日。
早い時間から文化課の皆さんがスタンバイして下さっていました。

20100221ココスタッフ

Cocodrilo側は、メンバーのファミリーにもスタッフして色々とご協力頂きました。

20100221ココおと

20100221Cocodrilo+かわいこちゃん

あれ?いつものフォーメーションだけれど、ふじをちゃんのかわりにかわいこちゃんが。

会場に機材を持ち込みます。

府庁本館扉


何度見ても、大阪府庁の正面玄関の重厚な佇まいには、なんと言いますか、引き込まれてしまいます。
時間があれば正面玄関の外や中の撮影を沢山したかったのですが、機材搬入→設営→リハをしていると、あっという間に時間は過ぎ開演1時間前となりました。
手短に昼食の時間を持った際、ふじをちゃんの奥さまのお手製のカステラがなんともまったりしっとりとしていて、凄く美味しかったです。
お店で売っているカステラの数倍美味しかったのです。
ふじをちゃん、また奥さまにどうぞ宜しくとお伝え下さい。

20100221リハ1

そうそう、リハでの出来事。
3階まで吹き抜けの大理石が敷き詰められた環境での演奏ってどんな感じなのだろう、どういうふうに音が反響したりまわったりするのだろうと、実は我々より前に公演を行っていらっしゃった団体さんのコンサートにも寄せて頂いたのですが、結局我々のような編成と同じ事例がなく、本番のリハで調整することになりました。

そしてリハを行ってみると、低音が非常にまわり、結局は低音をカットすることで何とか収拾がついたわけですが、実際無人の中でリハを行った環境の時にはOKだった状態で、140名強のお客様、そしてスタッフを入れると150名ほどの人が音を吸収することで、本番は若干低音が弱かったというコメントも頂きました。
音楽は生き物だなぁと痛感した次第です。

20100221ココメンと座布団

我々がリハを行っている間、職員の皆さんが、お客様にお座り頂く階段に、座布団を敷いて下さいました。
この座布団、近隣のさいかくホールからお借りできたのですが、大理石にじかに座るというのは、この季節耐えられるものではないので、お借りできて本当によかったと思います。

Cocodriloからは、ホカロンを準備しました。
私が調達しに行ったのですが、きっと余るだろうなぁと思いながら、30個入りを3箱買いました。
2箱でもきっと余るだろうなぁ・・・余ったらまた何か屋外のイベントの際にお客様にお出ししようというくらいだったのに、結局は2箱も足りなかったのでした。
お渡しできなかったお客様、本当にすみませんでした。

さて開場の時間より随分と前から、お客様が続々をご来場下さいました。
そしてお越し下さる方々は、メンバーも面識のない方が殆ど。

府庁からみた大阪城

実は今の季節、ちょうど大阪城の梅林の梅が見ごろで、当日もぽかぽか天気だったこともあり、多くの方が梅林目当てで大阪城を訪れていらっしゃったのですが、その帰り際に、府職員の方々、そしてCocodriloのファミリーがフライヤー片手に沢山の方に配布して下さったようで、そのフライヤーをご覧下さって突然お立ち寄り下さった方々もお見えになっていました。
色々なことが我々の味方となって支えてくださいました。
本当に我々、色々な幸運に恵まれました。

そして演奏前には、府庁文化課のKさんから、大阪府庁本館に関する豆知識をお話して頂き、臨戦態勢に入ったCocodriloの面々。
いつものように緊張マックスの鰐。
なかなか自分の中で折り合いがつかず、ぎりぎりまでメンバーの顔を見て何とか緊張の糸をほぐそうと足掻く鰐。

前夜は準備で深夜までかかり、睡眠もろくにとらないまま当日の朝も準備に追われ、肝心のセットリストを小さな文字で出力してしまい、本番ではそれが全く見えずに加齢変化に敗北・・苦労しました。

立ち位置に立つと、今まで見たことのない風景が広がりました。

201002212Fから

多くの方が、色々な場所で我々の演奏を聴くためにその場所にいてくださいました。
何人かの知合いの方々は、がんばれよという優しい表情で見守ってくださっていました。

20100221Cocodrilo4

面識のないお客様でも、目が合うと笑いかけてくださる方もいらっしゃいました。
皆さん、我々4人のことを見つめて下さっていました。
あたたかい空気が流れました。

20100221Cocodrilo3


肝が据わりました。
一期一会の大切なこの機会。
深く深呼吸をして、すっと背筋を伸ばして、天を仰ぎつつ、いざ本番。

20010221coco114

20010221coco119

20010221coco120

歌いだすと、吹き抜けの3階まで、自分たちの声が波紋を作って響いていきました。

20100221Cocodrilo8

この建造物の自然なリバーブが、我々の歌声をいい感じにサポートしてくれました。
演奏後に響き渡る拍手の音。
先輩方の掛け声。
感無量でした。

今回の府庁本館でのコンサートに際し、色々な曲に若干のアレンジを再び加えました。

20100221coco122

大きく雰囲気が変わったのはやっさんが歌うエアロスミスの“I don’t want to miss a thing”。

20010221coco118

従来は、ロック調をそのままアコに置き換えた感じでしたが、今回は更に色んな世代の方に聴いていただくために、分厚いコーラス重視で全体に優しい曲調にアレンジしました。普段私がコーラスをとる場合は最高音が多いのですが(女性なので)、この曲に関しては実は他の男性メンバーを差し置いて、最低音を担当しました。
ちょっと面白いなぁと自分でも思いつつ歌いました。

20010221coco113

それから、ゴダイゴの“Thank you baby”。
この曲を演奏する際、認知度を確認するのですが、今回はご存知だった方が多く、とても嬉しかったです。
コーラスのアレンジも直前にマイナーチェンジを行い本番に臨みました。
今回の“Thank you baby”は、自分的にも今まで歌った中で一番出来がよかったのではないかと思いました。

当日のセットリストは以下の通りです。

20100221Cocodrilo6

① Ol’ 55 (Tom Waits)
② Tell me why (Neil Young)
③ You’ve got a friend (Carole King)
④ Don’t ask me why (Billy Joel)
⑤ Thank you baby (GODIEGO)
⑥ Seven impossible days (Mr. BIG)
⑦ I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
⑧ Perfect (Fairground Attraction)
⑨ Only love can break your heart (Neil Young)
⑩ You got it (Roy Orbison)
⑪ Allelujah (Fairground Attraction)
⑫ She (Charles Aznavour / Elvis Costello)
アンコール
⑬ Perfect (Fairground Attraction)

20100221Cocodrilo7

12曲という長い時間の間、お客様はずっと我々の演奏を聴いてお疲れだろうと思ったのですが、演奏後には有難いことにアンコールを頂きまして、府庁サイドにも了解を頂きアンコールを演奏させて頂くことになりました。

20100221CocodriloJackey2

アンコールの時は、自分自身も非常にリラックスした感覚になっていたので、歩きながら歌いだしました。
シールドが長ければ、階段をとんとんと駆け上のぼり、2Fから歌いたいくらいの気分でした。

1時間強のCocodriloの「ひょうたんから独楽劇場」は、色々な方に支えて頂いたおかげで無事に終了しました。


色々な方が花束や差し入れをお持ち下さいまして、本当に有難うございました。
アフターライヴで皆仲良く分けました。
差し入れはどうかお気遣いなく、と伝えていたしゃむさんは、それでは。。ということで、翌日に私の大好きなアップルパイをプレゼントしてくれました。

20100222しゃむプルパイ.JPG

その心遣い・・やられました・・・。

そして沢山の方がコンサートの模様を撮影、そしてご提供下さいまして本当に有難うございました。
頂きました画像は今回UPさせて頂きました。

そして後片付け。
あっという間の出来事に、暫く放心気味のメンバー。
すかっとした笑顔を4人は浮かべていました。

府職員の方々には、休日返上で色々とご協力下さいまして、本当に有難うございました。
またこのような機会がございましたら、是非とも宜しくお願いいたします。

20100221反省会

さて、Cocodriloの面々、そして家族を入れての反省会(打ち上げ会)を近隣の居酒屋さんで行いました。
やっさんとふじをちゃんには大きなお子様がいらっしゃって、それぞれの家族の風景を垣間見ることが出来、お二方とも素敵な家庭を築いていらっしゃって、いいなぁって思いました。

ということで、Cocodriloの一大イベント、大阪府庁本館での「ひょうたんから独楽劇場」は終了いたしました。

これからも、色々な街角で、楽しい音をお届けしたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!!

20100221いつもの

Jackeyでした!!
Secret

TrackBackURL
→http://acusticacocodrilo.blog45.fc2.com/tb.php/57-9c8e7c64